株式投資ニュース 6月10日

6月10日(月曜日)の株式投資ニュースです。(07時20分更新)

最新情報   トップページ

【株式評論家の視点】PCIHDは第2四半期業績が順調、配当利回り3%の2000円割れが下値
 PCIホールディングス<3918>(東1)は、2015年8月4日に東京証券取引所マザーズ市場に上場。16年9月12日に同市場第一部へ市場変更。同社は、IT業界で同じ価値観と方向性を共有する事業会社を傘下にもつ純粋持ち株会社として、グループの戦略策定、経営資源の最適配分、事業子会社の経営監督を通じてグループ業績の向上に注力している。 同社グループは、主に「エンベデッドソリューション事業」、「ビジネスソリューション事業」、「IoT/IoEソリューション事業」、「半導体トータルソ..

カナモトの19年10月期第2四半期は、堅調に推移し、増収増益
 建機レンタルの最大手であるカナモト<9678>(東1)の19年10月期第2四半期は、堅調に推移し、増収増益であった。 同社は、この5年間で単体では29拠点を新設、M&Aや業務提携によりアライアンスグループの拠点数も157拠点増加させるなど国内営業基盤の拡充を進め、海外事業も7カ国に拠点展開を行うとともに、昨年導入した新システムを活用したレンタル用資産の適正配置と業務の省力化及び効率化による稼働率の向上等、持続可能な成長基盤の構築をグループ一丸となって取り組んでいる。  今期..

ベステラの第1四半期は需要拡大により増収大幅増益
■解体工事案件の増加が継続 プラント解体のベステラ<1433>(東1)の第1四半期は、需要拡大により、増収大幅増益となった。 高度経済成長期に建設された設備の解体、生産性向上のための装置入替、生産拠点や生産体制の見直しなどの目的で高い投資意欲が続いていることから、解体工事案件の増加が続いている。 そのような状況にあることから、同社の20年1月期第1四半期連結業績は、売上高11億14百万円(前年同期比5.9%増)、営業利益1億30百万円(同79.7%増)、経常利益1億30百万円..

日本エンタープライズの子会社、and Oneは「Primus(R)?」の提供を開始
 日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社、and Oneは、IP−PBXソフトウェア『Primus(R)』をアップグレードした「Primus(R)?」の提供を開始する。 「Primus(R)」は、SIP−SIP通信をサポートし、操作性・柔軟性に優れたビジネスフォン環境を提供するIP−PBXソフトウェア。 「Primus(R)?」は、NTT東日本・NTT西日本、NTTコミュニケーションズ、KDDI、Coltテクノロジーサービス、アルテリ ア・ネットワークス、楽天コミュ..

【注目銘柄】トレジャー・ファクトリーの5月の売上は好調で、今期1番の伸長率
■6月3日よりAmazon上で宅配買取サービスの提供を開始 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)の5月の売上高は好調で、前年同月比8.7%増と今期1番の伸長率となった。既存店は、同4.6%増であった。 5月の売上は、特に、生活家電、衣料などが好調であった。 なお、新規出店も退店もなかったことから、5月末の全店舗数は4月末と同じく125店舗となっている。 しかし、今年になって、食品の値上げラッシュがはじまり、10月には消費税10%と家計の負担は一層増えることから、リユー..

ミロク情報サービスは新生銀行グループの取引先である中小企業の経営支援を行う協業体制を構築
■新生銀行グループ一体の取り組みとして強化・拡大 ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、新生銀行グループ(新生銀行、昭和リース、アプラスフィナンシャル)の取引先である中小企業の経営支援を行う協業体制を構築した。 MJSと新生銀行は、2017年11月に資本業務提携をしていることから、今回、新たに昭和リース、アプラスの2社を協業体制に加え、新生銀行グループ一体の取り組みとして強化・拡大することとなった。 人手不足が深刻化する国内企業にとって、IT(情報技術)ツールの..

人気知れば商いも株も負くることなし=犬丸正寛の相場格言
■人気知れば商いも株も負くることなし この世の中、良い商品を提供することは大切なことです。しかし、良い品なら文句なく売れるか、というとそう簡単ではありません。とくに、良い品というものは時代の変化ともに変わってくるものです。 戦後の物のない時代では味や質よりも量でした。飽食の今は旨い料理でもぶっきらぼうにテーブルに出されたのでは「ナンダこの店は」となってしまいます。まさに、「オ・モ・テ・ナ・シの心」です。人の気持ちに沿う人気ということが大切な要素となっています。 株でも、昔は業..

【銘柄フラッシュ】大木ヘルスHDが急伸しオートウェーブは高齢運転者の事故多発など材料視
 6月7日は、レオパレス21<8848>(東1)が16.5%高となって東証1部の値上がり率トップに入り、5月中下旬に投資ファンドのレノの保有割合拡大が注目されて上げたあとの調整に一巡感が出てきたとの見方があり、チャート妙味が言われて出直り第2波を期待する様子が。 双信電機<6938>(東1)は16.5%ストップ高(80円高の564円)となり、引き続き、同社のノイズフィルターなどが横浜市で発生した新交通システムの逆走事故の対策と関連づけて連想されたとの見方。後場一段と出直りを強..

【株式市場】日経平均は一時133円高まで上げて反発し材料株も高い
◆日経平均は2万884円71銭(110円67銭高)、TOPIXは1532.39ポイント(7.48ポイント高)、出来高概算(東証1部)は10億595万株 6月7日(金)後場の東京株式市場は、東京エレクトロン<8035>(東1)が13時にかけて一段と強い動きを見せ、米半導体株指数の上げなどが好感され、研磨装置などのディスコ<6146>(東1)は前場の高値圏で推移。日経平均は前引けより6円ほど高い110円高で始まり、ほどなく5月30日以来の2万900円台に乗り、一時133円73銭高..

パイオラックスは後場持ち直す、医療機器分野の拡大に注目する様子
■自動車用精密バネのメーカーだが血管内治療の最新製品が注目集める パイオラックス<5988>(東1)は6月7日、前場の1845円(28円安)を下値に持ち直し、後場は1876円(3円高)へと浮上する場面を見せて底堅い展開となっている。自動車用精密バネの専業大手で、弾性微細加工技術により医療機器の分野への展開に注目する動きがあるようだ。 自動車用精密バネのイメージが強いが、医療機器の分野では、今期・2019年度に入ってから上市した新製品が「胆管用メタリックステント経皮経肝用」「薬..

ミズホメディーは5日続伸、新工場・研究所の竣工から連日高い
■「ミズホメディー久留米工場・遺伝子研究所」9月に生産開始の予定 ミズホメディー<4595>(東2)は6月7日の後場一段と強含み、13時過ぎに8%高の2145円(156)まで上げて5日続伸基調となっている。感染症検査薬や免疫学的検査用試薬の開発などを行い、5月31日付で新工場・研究所の竣工(久留米工場・遺伝子研究所)を発表。この翌取引日から連日高となっている。 福岡県久留米市に建設を進めていた「ミズホメディー久留米工場・遺伝子研究所」が2019年5月31日に竣工した。当工場・..

豊田通商が後場一段と強含む、仏・トゥールーズで次世代の電動車いすシェアリングの実証実験
■高齢者など移動困難者向けのマイクロモビリティを用いたMaaS事業を推進 豊田通商<8015>(東1)は6月7日の後場、一段と強含む場面を見せて3185円(50円高)まで上げ、出直りを強めている。6日、「フランス・トゥールーズ市でINDIGO Weel SASと共同で次世代電動車いすシェアリングサービスの実証実験を実施、高齢者など移動困難者向けのマイクロモビリティを用いたMaaS事業」と発表し、注目されている。

【中西文行の相場展望】業績中心に銘柄選定へ
■ロータス投資研究所代表の中西文行氏に相場展望を聞く【中西文行の相場展望】業績中心に銘柄選定へ

【株式市場】NYダウの連日高など受け主力株が反発し日経平均は一時104円高
◆日経平均は2万878円90銭(104円86銭高)、TOPIXは1530.59ポイント(5.68ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億3391万株 6月7日(金)前場の東京株式市場は、NYダウの上げ幅が3日続けて3ケタ台となり合計900ドル近く回復したことなどが注目され、ファナック<6954>(東1)や任天堂<7974>(東1)などが反発して始まり、日経平均も85円高で始まったあと10時前には116円59銭高(2万890円63銭)まで上げた。前引けも104円86銭高(2万..

有沢製作所が連日出直る、買収防衛策を取りやめ思惑買いを呼んだ可能性
■5月開催の取締役会で継続しないことを決議と5月30日に発表 有沢製作所<5208>(東1)は6月7日、832円(23円高)まで上げた後も堅調に推移し、4日続けて戻り高値を更新している。5月30日付で、「買収防衛策の非継続」を発表。市場関係者の中には「つまり、誰か買収してくれということか」といった受け止め方もあり、思惑買いが入っているようだ。 発表によると、同社は、2007年6月開催の定時株主総会で買収防衛策(当社株式の大量取得行為に関する対応策)を導入し、更新しながら継続し..

アズームが4日続伸、駐車場サブリース事業の拡大ピッチなどに注目再燃
■日々次第に上げ幅が大きくなり下値圏から持ち直す アズーム<3496>(東マ)は6月7日、4日続伸基調となり、10時30分にかけては10%高の3650円(350円高)前後で推移。日々次第に上げ幅が大きくなり、出直りを強めている。 月極駐車場のサブリースサービスおよび紹介サービスなどを行い、5月10日付で「分譲マンションにおける駐車場受託物件数が250棟を突破!」「全社サブリース受託台数も9100台を突破!」と発表。月次動向として毎月発表する訳ではないが、ほぼ1ヵ月を経過し、動..

オルトプラスが急反発、オンラインゲーム会社への自己株処分が注目される
■アイディアファクトリーに自己株を割り当て約2800万円を調達 オルトプラス<3672>(東1)は6月7日、急伸し、9時30分にかけて31%高の308円(72円高)まで上げて大きく出直っている。6日の取引終了後、オンラインゲームソフトの企画開発・運営などを行うアイディアファクトリー株式会社(東京都豊島区)を割当先として自己株式の処分を行うと発表。注目された。 処分(割当)株式数は11万4300株、処分価額は1株につき242円、これにより調達する資金は2766万600円、処分期..

サニーサイドアップは上場来高値に迫る、株式分割と株主優待の拡充を好感
■7月10日を基準日として1株を2株に分割 サニーサイドアップ<2180>(東1)は6月7日、急反発となり、取引開始後に13%高の2078円(247円高)まで上げ、株式分割など調整後の上場来高値2199円(19年3月)に迫っている。6日の取引終了後、7月10日を基準日とする株式分割(1株を2株に)と株主優待内容の拡充を発表。好感された。 2019年7月10日(水曜日)最終の株主名簿及び実質株主名簿に記載された株主の所有普通株式1株につき2株の割合をもって分割する。また株主優待..

ソリトンシステムズが4日続伸、最新のサイバー攻撃対策が材料視される
■「悪性ドメインへのアクセスをブロックし多層防御を強化」 ソリトンシステムズ<3040>(東1)は6月7日、4日続伸基調で始まり、取引開始後に11%高の1113円(110円高)まで上げて戻り高値を更新している。6月3日に、「悪性ドメインへのアクセスをブロックし、多層防御を強化する新サービス『Soliton DNS Guard』を提供開始」と発表し、翌日から連続高。注目度は強いようだ。 発表リリースによると、サイバー攻撃の巧妙化が進み、日本を狙う攻撃キャンペーンにおいても、マル..

日経平均は85円高で始まる、NYダウは4日続伸し合計905ドル高
 6月7日(金)朝の東京株式市場は、日経平均が85円74銭高(2万859円78銭)で始まった。 NYダウは181.09ドル高(2万5720.66ドル)となり4日続伸。4日間の上げ幅は900ドルを超えた。米政府はメキシコへの追加関税の先送りを検討していると伝えられた。円相場は反落し円安気味になっている。(HC)

昭栄薬品は調整一巡期待、20年3月期増収増益予想
 昭栄薬品<3537>(JQ)は、オレオケミカルや界面活性剤などを主力とする専門商社である。19年3月期は減収減益だったが、20年3月期は増収増益予想である。収益改善を期待したい。株価は水準を切り下げる展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。

ビープラッツは調整一巡期待、20年3月期増収増益予想で収益改善期待
 ビープラッツ<4381>(東マ)はサブスプリクション型ビジネス向け総合ソリューションを展開している。19年3月期は計画未達で大幅減益だったが、20年3月期は増収増益予想としている。収益改善を期待したい。株価は2月高値から急反落し、一転して18年4月安値に接近したが、調整一巡して反発を期待したい。

アイ・ピー・エス(IPS)は底値圏、20年月期増収増益予想
 アイ・ピー・エス(IPS)<4390>(東マ)は、フィリピンにおけるケーブルテレビ事業者向け国際通信回線提供を主力としている。19年3月期は増収増益だった。そして20年3月期も増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は決算発表を機に急落して安値を更新したが、ほぼ底値圏だろう。売り一巡して反発を期待したい。

アクリートは調整一巡、19年12月期増収増益予想
 アクリート<4395>(東マ)は国内最大級のSMS配信サービス企業である。配信数が増加基調で19年12月期増収増益予想である。第1四半期は概ね順調だった。通期も好業績を期待したい。株価は軟調展開で18年12月安値に接近しているが、ほぼ底値圏だろう。売り一巡して反発を期待したい。

リオンは戻り試す、20年3月期増収増益予想
 リオン<6823>(東1)は医療機器事業および環境機器事業を展開している。19年3月期は環境機器事業が牽引して増収増益だった。20年3月期も増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は順調に水準を切り上げている。戻りを試す展開を期待したい。


最新情報   トップページ