株式投資ニュース 1月16日

1月16日(水曜日)の株式投資ニュースです。(05時10分更新)

最新情報   トップページ

京写:業界初の0603ランド形成が可能な「高精細スクリーン版」と「インク」を開発
◆従来の写真法と比べ低価格でさらなる小型化、低ノイズ化実現 プリント配線板の大手・京写<6837>(JQS)は1月15日の15時、業界で初めて、スクリーン印刷法による0603チップ部品サイズ(0.6ミリ×0.3ミリメートル)に対応可能な片面プリント配線板を開発し、従来の写真法と比べて低価格な片面プリント配線板の提供が可能になり、電子機器のさらなる小型化、低ノイズ化に貢献できると発表した。左下破線囲い部分が0603サイズのチップ 従来から開発を続けていた「スクリーン印刷法による..

寿スピリッツの第3四半期(累計)の売上高は7.6%増加
■第2四半期までの6.6%増加から伸びが拡大 寿スピリッツ<2222>(東1)は1月15日の取引終了後、第3四半期の売上状況(2018年4月〜18年12月)を発表し、概算で296.29億円(前年同月比7.6%の増加)になる見込みと発表した。第3四半期決算発表は、本年2月4日(月)を予定する。 山陰地区で菓子の製造・販売を担当する寿製菓や、山陽地区で製造販売する田島寿、など、全国16、海外1のグループが各地域の銘菓を製造・販売。第2四半期(18年4月〜9月)の183.48億円(..

【株式市場】日経平均は後場211円高まで上げ中国の景気刺激策など期待
◆日経平均は2万555円29銭(195円59銭高)、TOPIXは1542.72ポイント(12.99ポイント高)、出来高概算(東証1部)は13億4582万株 1月15日後場の東京株式市場は、安川電機<6506>(東1)やファナック<6954>(東1)などが一段とジリ高傾向になった。中国の景気刺激策に関する期待が出ているようで、日経平均も13時過ぎに前場の高値を上回り211円58銭高(2万571円28銭)まで上げた。その後は上げ幅200円前後の水準で大引けまで一進一退となったが、..

オンコリスバイオファーマが再び急伸、「テロメライシン」再び注目される
■米国臨床腫瘍学会消化器癌シンポジウムで発表と掲示 オンコリスバイオファーマ<4588>(東マ)は1月15日、再び上値を追い、後場寄り後に23%高の1437円(272円高)まで上げて1月10日につけた昨年来の高値1444円に迫っている。15日付で、「テロメライシン」と放射線併用の医師主導臨床研究結果を米国臨床腫瘍学会消化器癌シンポジウム(サンフランシスコ:2019年1月17〜19日)で発表すると同社ホームページ「ニュース一覧」コーナーに掲示。注目が再燃した。 同社は1月7日付..

クリーク・アンド・リバー社は連続最高益の予想など注目され連日大きく出直る
■第3四半期は積極投資のほか移転による一時的費用が クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は1月15日の後場、5%高の1096円(52円高)で始まり、2日続けて大きく出直っている。10日の取引終了後に第3四半期決算(2018年3月〜11月、累計)を発表し、翌11日は約7%高となって出直りを強めた。週明け15日も引き続き業績動向が材料視されている。 映像、ゲーム、Web・モバイル、広告・出版などのクリエイティブ領域で活躍するクリエイターを対象とした人材事業などを展開し、..

個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を1月22日(火)、東洋経済新報社9階ホールで開催!
■株式講演会も同時開催 株式専門情報をネット配信する「日本インタビュ新聞社」は、平成31年1月22日(火)の13時から『企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー』を東洋経済新報社9階ホールにおいて開催する。株式講演会も同時に開催。入場は無料で先着230名となっている。 1月22日(火)は、第1部で東証1部上場・株式会社クレスコ(証券コード=4674)の広報IR推進室長・米?道明氏がIR講演会を行う。第2部で東証1部上場・株式会社ピックルスコーポレーション(証券コード=29..

【株式市場】海外での円高がおさまり日経平均は朝安のあと切り返し184円高
◆日経平均は2万544円64銭(184円94銭高)、TOPIXは1541.90ポイント(12.17ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億3531万株 1月15日(火)前場の東京株式市場は、トヨタ自動車<7203>(東1)などが米国市場での円高を受け反落して始まったが、東京市場では円高が進まないとされてほどなく切り返して続伸基調に転換。日経平均も取引開始直後の155円27銭安(2万204円43銭)を下値に出直り基調を強めた。株価指数先物をCTA(商品投資顧問)系が買い戻して..

エスプールが連日大幅高、今期も最高益を連続大幅に更新する見通し
■働き方改革の推進に加え人手不足の業界が増え事業環境に追い風続く エスプール<2471>(JQS)は1月15日、連日大幅高となり、11時にかけては10%高の1869円(170円高)前後で推移。9日に業績見通しを増額修正したことに続き、11日に大幅増益の2018年11月期決算を発表。今期・19年11月期の連結業績見通しも営業利益を28%増加と見込むなど、最高益を連続大幅に更新することなどが好感されている。 シニアや障がい者など潜在労働力の活用を支援するサービスや、企業の業務の一..

ハウスドゥが3日続伸、大手紙「社説」で「リバースモーゲージ」に触れ注目される
■「高齢化世帯の不動産を生かす方策を」と建物の新たな評価方法を提言 ハウスドゥ<3457>(東1)は1月15日、3日続伸基調となり、10時を過ぎて1166円(34銭高)まで上げてジリ高傾向となっている。自宅などの不動産を担保に資金を借り入れて「不動産を活かす」手法である「リバースモーゲージ」の保証事業を2017年から展開しており、15日、日本経済新聞・朝刊の社説が「高齢化世帯の不動産を生かす方策を」と提言したため、関連づける形で注目されている。 社説は、「先細りになる公的年金..

【新規上場(IPO)銘柄】テノ.ホールディングスは12月21日に上場、女性のライフステージ全てをサポートし成長続く
 テノ.ホールディングス<7037>(東マ)は、昨年12月21日に東京証券取引所マザーズ及び福岡証券取引所Q−Boardに上場した。同社グループは、女性が育児・家事・介護をしてもなお働き続けるためには、「いったい何が必要なのか」を基本に事業展開している。同社グループは、純粋持株会社の同社と連結子会社2社(株式会社テノ.コーポレーション、株式会社テノ.サポート)の3社により構成されており、公的保育事業、受託保育事業及びその他の3つの事業を展開している。 公的保育事業では、東京を..

イワキが急伸、11月決算の大幅な上振れ着地など好感される
■今期も営業利益8%増加を見込むなど拡大が続く見通し イワキ<8095>(東1)は1月15日、急伸して始まり、10時にかけては13%高の456円(54円高)まで上げて出来高も急増している。11日の取引終了後に2018年11月期の決算を発表。連結業績が第3四半期決算発表段階での通期予想(18年10月12日)を全体に大きく上回ったことなどが注目されている。 前11月期の連結営業利益は前期比17.7%増の18.49億円となり、第3四半期決算発表段階での予想14.14億円を31%上振..

【どう見るこの株】注目のファイナンスありの「訳あり」銘柄
■ファイナンス価格が下値意識を高め業績下方修正株は安川電型展開も考慮 ファイナンスありの「訳あり」銘柄では、新株式発行の発行価格や自己株式立会外分売の分売価格のクリアが、株価政策のメーンテーマとなるはずで下値抵抗ラインとして意識される。 このうちプレミアグループ<7199>(東1)は、市場変更承認とともに新株予約券発行を発表、希薄化懸念を強めストップ安を交え2769円まで急落し足元は3100円台までリバウンドしたが、これは同時発表の株式分割(1株を2株に分割、基準日3月31日..

【どう見るこの株】注目の直近1部昇格銘柄
■最高純益更新株、ラグビーW杯関連株、災害復興関連株など側面支援材料も随伴 「直近1部昇格株」を市場変更に際したファイナンスの有無で選別すると、ファイナンスなしが6銘柄、何らかのファイナンスを伴った銘柄が4銘柄となった。ファイナンスなしでは、12月13日に名証第2部から東証第1部・名証第1部へ昇格した未来工業<7931>(東1)は、承認とともに2日連続でストップ高、いったん2980円まで調整したが、市場変更日は3030円と高寄りして3070円まで買い進まれた。 その後、全般相..

【どう見るこの相場】「森を見ずに木を見る」を基本とする個別銘柄重視の積み上げスタンスが賢明
 日経平均株価の週足が、6週間ぶりに前週末終値を上回って引けた。3連休前の11日である。大発会が452円安でスタートし、今年の亥年相場が、どうなることやらと不安が募り、「弱気相場入り」観測なども幅をきかせたが、ようやく下げ止まったかと期待させた。米国のダウ工業株30種平均(NYダウ)が、昨年12月の月間約4000ドル安のクラッシュ相場に対して、新年相場で約2200ドルも反発、半値戻しを達成したのと比較して、日経平均は、同じく約3400円安に対して約1200円の反発と3分の1戻..

トレジャー・ファクトリーが大幅続伸、自社株買いと四半期好決算が注目される
■自社株買いは15日間のため短期即効性に期待が強い様子 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)は1月15日、大幅続伸となり、取引開始後に15%高の758円(97円高)まで上げて出来高も急増している。11日の取引終了後に第3四半期決算(2018年3月1日〜2018年11月30日累計)と自己株式の取得(自社株買い)を発表し、第3四半期決算も連結売上高が前年同期比7.8%増加するなど好調。注目が再燃した。 第3四半期の連結営業利益は同39.9%増加し6.44億円となった。2月..

オリンパスは最大株主からの役員招聘などが注目され大幅続伸
■企業変革プラン「Transform Olympus」も注目される オリンパス<7733>(東1)は1月15日、大幅続伸となり、買い気配で始まった後15%高の4620円(615円高)で始値がついた。11日の正午、最大株主である投資ファンド、バリューアクト・キャピタルのD・ホール氏(D. Robert Hale氏)らを取締役に提案することなどを含む抜本的な企業変革プランを発表し、この日の午後急伸。2日続けて大幅高となっている。 4600円台は、取引時間中としては2018年8月3..

日経平均は94円安で始まり米国での円高再燃など影響
 1月15日(火)朝の東京株式市場は、円相場が米国で「主要10通貨全てに対して上昇」(ブルームバーグニュースより)したことなどを受け、日経平均は94円88銭安(2万264円82銭)で始まった。前週末11日の195円高から反落模様となり、その後一時150円安となった。(HC)

LIFULLは調整一巡して戻り試す、19年9月期増収増益予想(Mitula買収完了後に修正予定)
 LIFULL<2120>(東1)は、不動産・住宅情報総合サイト「LIFULL HOME‘S」運営の不動産情報サービス事業を主力として、生活関連領域や海外への展開を加速している。Mitula買収が確定して中期成長が期待される。なお19年9月期は増収増益予想で、Mitula買収完了後に修正予定としている。株価は調整一巡して戻りを試す展開が期待される。

ソーバルは調整一巡して出直り期待、19年2月期増収増益・連続増配予想
 ソーバル<2186>(JQ)は組み込みソフト開発などエンジニアリング事業を展開している。19年2月期増収増益・連続増配予想である。第3四半期累計は微増益にとどまったが、概ね順調のようだ。株価は地合い悪の影響で昨年来安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。

ハウスドゥは調整一巡して出直り期待、19年6月期大幅増収増益・増配予想
 ハウスドゥ<3457>(東1)は、FinTechを活用した不動産流通ソリューションで業界変革を目指す「不動産テック企業」である。積極的な事業展開で19年6月期大幅増収増益・増配予想である。株価は地合い悪も影響して昨年来安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。なお2月4日に第2四半期決算発表を予定している。

朝日ラバーは調整一巡して出直り期待、19年3月期2桁営業増益予想
 朝日ラバー<5162>(JQ)は、シリコーンゴムや分子接着技術をコア技術として、自動車内装LED照明光源カラーキャップ、RFIDタグ用ゴム製品などを展開している。19年3月期2桁営業増益予想である。株価は地合い悪の影響で昨年来安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。なお2月7日に第3四半期決算発表を予定している。

Jトラストは売り一巡して反発期待、19年3月期大幅増益予想
 Jトラスト<8508>(東2)は、日本、韓国、およびインドネシアを中心とする東南アジアで金融事業を展開し、銀行業を中心とする持続的な利益拡大へのステージアップを目指している。19年3月期大幅増益予想である。株価は地合い悪も影響して安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。

ロードスターキャピタルは出直り期待、18年12月期大幅増益・増配予想
 ロードスターキャピタル<3482>(東マ)は、付加価値を高めて売却する不動産投資運用を主力としている。18年12月期は大幅増益・増配予想である。株価は地合い悪も影響して安値圏だが、17年11月安値を割り込むことなく切り返している。出直りを期待したい。

昭栄薬品は調整一巡感、19年3月期減益予想だが配当は増配
 昭栄薬品<3537>(JQ)は、オレオケミカルや界面活性剤などを主力とする専門商社である。19年3月期減益予想だが、配当は増配予想である。株価は地合い悪の影響で戻り高値圏から反落したが、12月の直近安値から切り返して調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。

日本リビング保証は底打ち感、19年6月期経常・最終増益予想
日本リビング保証<7320>(東マ)は、住宅設備保証サービスや検査補修サービスなどを展開する住宅総合アフターサービス企業である。19年6月期経常・最終増益予想である。株価は12月安値から切り返して底打ち感を強めている。出直りを期待したい。


最新情報   トップページ