株式投資ニュース 12月27日

12月27日(木曜日)の株式投資ニュースです。(16時55分更新)

最新情報   トップページ

【株式市場】日経平均は一時884円高となり今年最大の上げ幅で3日ぶりに2万円を回復
◆日経平均は2万77円62銭(750円56銭高)、TOPIXは1501.63ポイント(70.16ポイント高)、出来高概算(東証1部)は15億7642億円 12月27日後場の東京株式市場は、前場に続き北米景気関連株などが強い展開で始まり、ソニー<6758>(東1)は値上がり率5.5%前後で推移。米中貿易摩擦を巡り米国側が1月に訪中と伝えられ、資生堂<4911>(東1)は一段とジリ高傾向。日経平均は14時過ぎに前場の高値を抜いて884円51銭高(2万211円57銭)まで上げた。大..

【インタビュー】Jトラストの山中取締役に当面の展開を聞く
【取締役執行役員・経営企画部長・山中威人氏に聞く】■株価はPBR0.3倍、東南アジアでも積極展開 Jトラスト<8508>(東2)の株価は直近のPBRが0.3倍台になり、評価不足が高まっている。日本国内の保証事業と韓国・モンゴルの金融事業は順調で、東南アジアでは、2018年10月にインドネシアの自動車ローンなどの大手・オリンピンド社を連結対象としたほか、2020年3月期には財務内容の堅固なカンボジアの金融機関を連結化する予定。当面の展開を取締役執行役員・経営企画部長・山中威人氏..

【株式市場】NYダウ千ドル高が好感され日経平均は一時773円高となり2万円の大台を回復
◆日経平均は2万49円68銭(722円62銭高)、TOPIXは1494.82ポイント(63.35ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億966万株 12月27日(木)前場の東京株式市場は、NYダウの千ドルを超える急騰などが好感され、日経平均は大幅続伸基調の379円13銭高(1万9706円19銭)で始まった。225先物が一段高となり、日経平均は9時25分にかけて3日ぶりに2万円の大台を回復し、773円59銭高(2万100円65銭)まで急伸した。その後は、トヨタ自動車<7203..

Eストアーは電子認証事業の進展など注目し直され続伸幅を広げる
■同社のシステム利用企業の96.9%は8月下旬までに「SSL/TLSサーバー証明書」の準備が整う Eストアー<4304>(JQS)は12月27日、出直りを強め、10時50分にかけては7%高の698円(44円高)まで上げて続伸幅を広げている。ネットショッピングサイトのシステム管理・コンサル・運営代行などの総合支援サービスを展開し、8月に電子認証事業の子会社を設立して通信の暗号化や企業の実在を証明する「SSL/TLSサーバー証明書」の発行事業を開始。全体相場の急回復とともに、抑圧..

【どう見るこの株】住友電設は小幅続落も2Q最高業績を見直し今3月期通期業績の上ぶれ期待を高め売られ過ぎ訂正買いが交錯
■年初来安値を前に下値抵抗力の強さを示す 住友電設<1949>(東1)は、前日26日に3円安の1676円と小幅続落して引けた。この日の日経平均の日中値幅が581円超と値動きが荒く、一時、心理フシ目の1万9000円を下回ったことから同社株にも目先の利益を確定する売り物が続いた。ただ、前場寄り付き段階では1705円と反発し、この日の安値1648円は長大下ヒゲでつけており、10月26日に突っ込んだ年初来安値1590円を前に下値抵抗力の強さを示した。 今年10月31日に開示した今20..

【新規上場(IPO)銘柄】AmidAホールディングスは20日に上場、印鑑を中心としたECサイトを運営
 AmidAホールディングス<7671>(東マ)は、12月20日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社グループは、同社と連結子会社2社(株式会社ハンコヤドットコム、株式会社AmidA)で構成されている。同社は、EC通販事業(印鑑及びスタンプを中心とした商材を自社グループサイトを中心としたインターネット通販サイトで販売)を展開するグループ会社の経営管理及びそれに付帯する業務を行っている。 主に子会社の株式会社ハンコヤドットコムにおいて、一般消費者及び法人企業を対象に印鑑及びス..

メガチップスが大幅続伸、1月1日付での一部事業譲渡など注目される
■全体相場が急回復し抑圧されていた注目材料への期待が再燃 メガチップス<6875>(東1)は12月27日、大幅続伸となり、9時50分にかけて10%高の2316円(213円高)まで上昇。4日ぶりに2300円台を回復している。2019年1月1日付で、セキュリティ・モニタリング用途向けに展開しているシステム事業部門を豆蔵ホールディングス<3756>(東1)のグループ会社に譲渡することを発表済みで、全体相場の急回復とともに、抑圧されていた注目材料への期待が再燃したとの見方が出ている。..

キヤノンが3日ぶりに3000円の大台を回復、NYダウ1000ドル高など好感
■12月期末配当の権利落ち日に妥当値を大きく上回り注目される キヤノン<7751>(東1)は12月27日、大きく出直って始まり、取引開始後に12%高の3017.0円(100.0円高)まで上げ、3日ぶりに3000円の大台を回復した。米国26日の株式市場でNYダウの上げ幅が1000ドルを超え(1086.25ドル高の2万2878.45ドル)、一日の上げ幅が1000ドルを超えるのは初めての過去最高となったことなどが材料視されている。 この12月期末配当の見込み額は80円から85円。昨..

出光興産が12%高、全体相場の全面高とNY原油急伸など材料視
■原油市場の下支えにロシアが協力する意向を示唆と伝えられる 出光興産<5019>(東1)は12月27日、大きく出直って始まり、取引開始後に12%高の3720円(395円高)まで上げ、3日ぶりに3500円台を回復している。全体相場がNYダウの1000ドル高急騰を受けて全面高となっているほか、NY原油相場がロシアの意向などを受けて9%近く急伸し、材料視されている。 米国26日のNY原油相場は急伸し、WTI原油先物2月限が8.7%高の3.69ドル高の1バレル46.22ドルとなった。..

日経平均が2万円台を回復、3日ぶり、NYダウの1086ドル高など寄与
 12月28日(木)朝の東京株式市場は、NYダウの千ドル高が好感されて急伸し、9時10分にかけて日経平均が756円63銭高(2万83円69銭)まで上げて3日ぶりに2万円の大台を回復している。 NYダウ(ダウ30種工業株平均)は米国26日、千ドルを超える急騰となり、終値は5.0%高の1086.25ドル高(2万2878.45ドル)。上げ幅で過去最高を更新したと伝えられた。5日ぶりの反発となった。(HC)

日経平均は379円高で始まりNYダウの1086ドル高など寄与
 12月28日(木)朝の東京株式市場は、NYダウの千ドルを超える急騰などが好感され、日経平均は大幅続伸基調の379円13銭高(1万9706円19銭)で始まった。 米国26日の株式市場では、NYダウ(ダウ30種工業株平均)が千ドルを超える急騰となり、終値は5.0%高の1086.25ドル高(2万2878.45ドル)。上げ幅で過去最高を更新したと伝えられた。5日ぶりの反発となった。(HC)

NYダウが千ドルを超える急騰となり5日ぶりの大幅反発
 米国26日の株式市場では、NYダウ(ダウ30種工業株平均)が千ドルを超える急騰となり、終値は5.0%高の1086.25ドル高(2万2878.45ドル)。上げ幅で過去最高を更新と伝えられた。5日ぶりの反発となった。「トランプ米大統領がパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の解任に向けて動くことはないと、ハセット米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長が述べた」(ブルームバーグニュース2018年12月27日4:44)などと伝えられたことや、原油相場がロシアの市況下支え声明など..

ミロク情報サービスは金融機関向けデジタル・データ提供プラットフォーム『会計データ・オン・クラウドプラットフォーム』の検討に参画
■中小企業・小規模事業者の財務・会計データを金融機関にデジタル・データとして提供 ミロク情報サービス(以下「MJS」)<9928>(東1)は、日本アイ・ビー・エム(以下「日本IBM」)が提供する金融機関向けデジタル・データ提供プラットフォーム『会計データ・オン・クラウドプラットフォーム』の検討に参画する。

ジャパンフーズは売り一巡感、19年3月期減益予想だが20年3月期収益改善
 ジャパンフーズ<2599>(東1)は飲料受託生産の国内最大手である。中期的に「日本一のパッカー」を目指している。19年3月期は新製品対応設備工事や自然災害関連の一時的要因で減益予想だが、20年3月期は収益改善が期待される。株価は地合い悪の影響で年初来安値を更新したが、売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。

アイビーシーは売られ過ぎ感、19年9月期大幅増収増益予想
 アイビーシー<3920>(東1)は、ネットワークシステム性能監視ツールを主力として、ブロックチェーン技術を活用したIoT分野等への展開も加速している。19年9月期(連結決算に移行)は大幅増収増益予想である。株価は地合い悪の影響で安値圏だが売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。

シルバーライフは戻り歩調、19年7月期増収増益予想で上振れ余地
 シルバーライフ<9262>(東マ)は後期高齢者向けに特化して配食サービスを展開している。FC本部としての調理済み食材販売が主力である。19年7月期もFC加盟店が順調に増加して増収増益予想である。大幅増収増益だった第1四半期の利益進捗率が高水準であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は10月の直近安値から下値を切り上げている。地合い悪の影響は限定的で戻り歩調だ。上値を試す展開を期待したい。

ケイアイスター不動産は売り一巡感、19年3月期大幅増収増益・増配予想で高配当利回り
 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は、首都圏中心に戸建分譲などの不動産事業を展開し、M&A・アライアンスも積極活用して「不動産×IT」を推進している。19年3月期大幅増収増益・増配予想である。株価は地合い悪の影響で年初来安値を更新したが、売り一巡感を強めている。5%台の高配当利回りも見直して出直りを期待したい。■戸建分譲や注文住宅などの不動産事業 首都圏中心に1次取得層向けの戸建分譲や注文住宅などの不動産事業を展開している。分譲住宅は「デザインのケイアイ」を標榜し、住..

PALTEKは売られ過ぎ感、18年12月期減益予想だが19年12月期収益改善期待
 PALTEK<7587>(東2)は半導体輸入商社で、高収益のソリューション事業の拡大を推進している。18年12月期はFPGAの一部取引形態変更の影響などで減益予想だが、19年12月期の収益改善を期待したい。株価は地合い悪の影響で年初来安値を更新したが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。■半導体事業を主力にソリューション事業なども展開 ザイリンクス社のFPGA(PLDの一種で設計者が手元で変更を行いながら論理回路をプログラミングできるLSI)を主力とする半導体輸入商..

ジーニーは底値圏、アドテクノロジー事業を展開
 ジーニー<6562>(東マ)はメディアの広告枠を自動売買するアドテクノロジー事業を展開している。19年3月期はアドネットワーク事業者の広告配信ポリシー見直し影響で赤字予想としている。20年3月期の収益改善を期待したい。株価は地合い悪も影響して安値を更新する展開だが底値圏だろう。

ブロードバンドセキュリティは底値圏、企業向けセキュリティサービスを展開
 ブロードバンドセキュリティ<4398>(JQ)は企業向けセキュリティサービスを展開している。19年6月期増収営業増益予想である。株価は地合い悪の影響で安値を更新したが、IPO直後の10月高値からほぼ3分の1水準で底値圏だろう。

イーエムネットジャパンは底値圏、インターネット広告事業を展開
 イーエムネットジャパン<7036>(東マ)はインターネット広告事業を展開している。18年12月期増収・2桁増益予想である。19年12月期も収益拡大を期待したい。株価は地合い悪の影響で安値を更新したが、IPO直後の9月高値からほぼ3分の1水準で底値圏だろう。

ブリッジインターナショナルは底値圏、インサイドセールス事業を展開
 ブリッジインターナショナル<7039>(東マ)は法人営業改革を支援するインサイドセールス事業を展開している。18年12月期は新規顧客開拓などで増収増益予想である。19年12月期も収益拡大を期待したい。株価は地合い悪の影響で安値を更新したが、IPO時の10月高値からほぼ3分の1水準で底値圏だろう。

アイリッジがビジネスVR最大手のナーブと業務提携
■ビジネスVR×O2Oソリューションの提供を開始 アイリッジ<3917>(東マ)は26日に、ビジネスVR最大のナーブ(東京都千代田区)と、「ビジネスVR×O2Oソリューション」分野において業務提携したと発表した。 今回の業務提携を通じて、アイリッジとナーブは、両社のもつビジネスVR・O2O各領域トップクラスの実績とノウハウを活用し、「ビジネスVR×O2Oソリューション」の共同開発と展開を推進する。  アイリッジは同業務提携により、ビジネスVRへの早期対応を実現することで、O2..

【銘柄フラッシュ】ぱどや省電舎HDが急伸し京写は中期戦略など注目され急反発
 12月26日は、双信電機<6938>(東1)が後場一段高となり、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を巡る米欧の調達見直しの動きが追い風になるとの見方がありストップ高の28.4%高。 プロパティエージェント<3464>(東1)はこのところの株価下落によって年間の配当・優待の合計利回りが何と7%台と伝えられ急伸。 ダブルスタンダード<3925>(東1)は連続最高益の見通しなどが見直されて反発幅を広げ12.1%高。 省電舎ホールディングス<1711>(東2)はISO審議..

【株式市場】日経平均は一時207円安まで沈むが大引けは高く6日ぶりに反発
◆日経平均は1万9327円06銭(171円32銭高)、TOPIXは1431.47ポイント(15.92ポイント高)、出来高概算(東証1部)は13億8826万株 12月26日後場の東京株式市場は、前場の日経平均の上値の重さが気になったようで、先物が取引開始後まもなく軟調になり、日経平均は次第に軟化し始めた。ソフトバンクグループ<9984>(東1)は一段とジリ安。NY株式はXマス休場だったが、米シカゴで取引されるダウ工業株30種の先物が安いと伝わり、日経平均は先物につられるように一..


最新情報   トップページ