FX/外国為替情報 11月13日

11月13日(火曜日)のFX/外国為替情報です。(05時28分更新)

最新情報   トップページ

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > 米ねじれ議会発生!吉か凶か見極めの時?
予想レンジドル円     113.30〜114.30ユーロ円    128.30〜129.50ユーロドル   1.1280〜1.1400豪ドル円    81.50〜82.80******************************FOMCによる12月の利上げは確実視される中、米中間選挙の結果を受けて、今後の共和党と民主党のねじれ議会がトランプ政権の政策変更を余儀なくされるとの見方が先行している。相対的にはポジション調整や利益確定買いに圧される格好で米債券利回りは軒並み低下、そして、NYダウ平均株価も5...

マーフィーの“日々是好日” > 女性は相場に強い!?
「女性は相場に強い」と言ったのは、あの一目均衡表の生みの親である一目山人翁です。理由は、女性は料理に通じているからです。料理で大切なのは、材料の選択とその調理方法でしょうが、特に大切なのは、煮物にしても焼き物にしても、「熱と時間の関係」と言います。ここで、相場に当てはめて考えると、熱は価格です。熱の出し方は、価格の騰落と関係するわけです。そして、時間は、まさに相場の世界の「時間論」でいう時間のことです。一目山人翁は、とりわけ時間が重要と言います。料理における時間の比重よりももっと大きいと言います。とにかく...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > 米中間選挙結果次第!未だに視界不良?
先週発表された米雇用統計では、非農業部門雇用者数(NFP)は25万人増と予想を大きく上回る内容であり、また、平均時給は前年比3.1%と拡大させており、ドルを買い戻す動きが優勢になっている。ただ、依然として、明日の米中間選挙の結果待ちの状況には変わりがなく、調整主導によるドル買い戻し局面と言わざるを得ないだろう。その中、トランプ大統領は中国との協議は良好に行っているとした上、中国とは合意に達すると考えていると述べているが、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が米中首脳会談は確定されているが、中国側からは何...

マーフィーの“日々是好日” > 「起業家精神」とトレーダー?!
伝説のトレーダーと言われる、リチャード・デニスと、彼が率いたトレーダー軍団である「タートル」について書かれた「ザ・タートル」という本があります。その本の中に、トレーダーとして成功した人と失敗した人の違いをもたらした「違い」は、「起業家精神」であったと書かれています。つまり、トレードに関する知識やトレードルールをマスターすることが出来ても、それだけでは不充分であり、やはり、起業家精神が備わっている必要があったと記述されています。具体的にどのような特質であったかというと、(1)一般的な社会規範にとらわれない、...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > 米中間選挙明けまで波乱含みの展開継続!?
予想レンジドル円     111.50〜112.80ユーロ円    126.80〜128.30ユーロドル   1.1330〜1.1480豪ドル円    78.70〜80.00******************************来週の米中間選挙を前にして、株式市場並びに債券市場は乱高下を繰り返しており、依然として、落ち着かない相場展開を強いられている。相対的には世界的な株安連鎖に歯止めがかからず、既に10月に入って世界全体の株式時価総額は7兆ドル近く減少していると伝えられている。投資家心理の冷え込み...


最新情報   トップページ