株式投資ニュース 9月20日

9月20日(木曜日)の株式投資ニュースです。(12時57分更新)

最新情報   トップページ

【中西文行の相場展望】注目のスマートフォン関連銘柄はこれだ!
■ロータス投資研究所代表の中西文行氏に相場展望を聞く【中西文行の相場展望】注目のスマートフォン関連銘柄はこれだ!

【株式市場】NYダウの大幅続伸は好感されるが日経平均は5日続伸基調とあって上げ一服模様
◆日経平均は2万3672円91銭(39銭高)、TOPIXは1784.40ポイント(1.26ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億5337万株 9月29日(木)前場の東京株式市場は、NYダウの大幅続伸などが好感され、日経平均は5日続伸基調で始まり、取引開始後に89円85銭高(2万3762円37銭)まで上げた。ただ、トヨタ自動車<7203>(東1)が9時30分頃から軟調に転換するなど、主力株に上げ一服の様子があり、日経平均は10時前に13円91銭安(2万3658円61銭)まで..

ドリコムは楽天との提携解消とンダイナムコHDの大株主就任が注目されストップ高
■提携解消後も楽天との良好な関係維持に努めていくと発表 ドリコム<3793>(東マ)は20日、買い気配のままストップ高の706円(100円高)に達し、10時40分にかけてもまだ売買が成立していない。19日の取引終了後、楽天<4755>(東1)との資本業務提携の解消、バンダイナムコホールディングス(バンダイナムコHD)<7832>(東1)が2位株主に就く大株主の異動、などを発表し、注目が集中した。 楽天との関係解消については、「両社が今後の一層の発展に向け取り組んでいる経営リソ..

「Zaif(ザイフ)」から仮想通貨67億円分流出受けフィスコが高い
■金融支援50億円、株式シェア過半数以上の資本参加等の検討開始など発表し注目集中 フィスコ<3807>(JQS)は20日、大きく出直り、10時を過ぎては14%高の275円(35円高)前後で推移している。同日朝、テックビューロ(大阪市)の仮想通貨交換サービス「Zaif(ザイフ)」から仮想通貨67億円分が流出と伝えられ、フィスコはテックビューロに対する金融支援50億円、株式シェア過半数以上の資本参加等の検討開始、取締役の派遣、などを発表。注目集中となった。 「Zaif(ザイフ)」..

ケア21は株式2分割が好感されて買い気配のままストップ高
■10月末に1対2の株式分割を行うと発表 ケア21<2373>(JQS)は20日、買い気配のまま9時30分前にストップ高の2873円(500円高)に達した。2800円台復帰は8月3日以来。19日の取引終了後、10月末に1対2の株式分割を行うと発表し、好感買いが集中した。 2018年10月31日(水曜日)を基準日として、同日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する普通株式1株につき2株の割合をもって分割すると発表した。これにともない、10月期末配当の見込みもこれまでの..

ジャパンベストレスキューは9月配当の増配など注目されて高値を更新
■従来予想比1円増配し7円の見込みに、権利確定日(買付期限)は9月25日 ジャパンベストレスキューシステム<2453>(東1)は20日、急反発となり、取引開始後に13%高の1348円(158円高)まで上げて2日ぶりに高値を更新した。18日に2018年9月期の配当予想の増額を発表。注目されている。今年の9月期末配当の権利確定日(買付期限)は9月25日のため、この日にかけて買いが増える可能性がある。 18年9月期の期末配当予想を従来予想比1円増配して7円の見込みとした。3月中間配..

第一生命HDは米金利上昇や国内株高などが材料視されて5日続伸基調
■日米の市場とも資金運用環境が好転するとの見方 第一生命ホールディングス(第一生命HD)<8750>(東1)は20日、一段高で始まり、取引開始後に2379.5円(78.0円高)をつけて5日続伸基調となり、戻り高値を連日更新した。 米国金利がこのところ強含んでおり、資金運用環境が好転するとの見方がある。また、為替も米金利高を受けてドル高・円安傾向。同社にとっては国内株式の値上がりも資金運用益のカサ上げにつながりプラス要因になる。 米国金利は、現地19日に長期金利の指標の10年国..

日経平均は80円高で始まり5日続伸基調、NYダウの大幅続伸など好感
 9月20日(木)朝の東京株式市場は、NYダウの大幅続伸(158.80ドル高の2万6405.76ドル)などが好感され、日経平均は5日続伸基調の80円27銭高(2万3752円79銭)で始まった。(HC)

ヨコレイは売り一巡して反発の動き、18年9月期減益予想だが19年9月期の収益拡大期待
 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)は冷蔵倉庫の大手である。低温物流サービスの戦略的ネットワーク構築に向けて積極投資を継続し、食品販売事業はノルウェーHI社と資本業務提携して業容拡大戦略を推進している。18年9月期は減益予想だが、19年9月期の収益拡大を期待したい。株価は売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。■冷蔵倉庫事業と食品販売事業を展開 冷蔵倉庫事業および食品販売事業を展開している。17年9月期セグメント別売上高構成比は冷蔵倉庫事業16%、食品販..

巴工業は売り一巡して出直り期待、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地
 巴工業<6309>(東1)は機械製造販売事業と化学工業製品販売事業を展開している。18年10月期は利益横ばい予想だが再増額余地がありそうだ。株価は第3四半期決算発表を機に材料出尽くしとして年初来高値圏から急反落したが、売り一巡して出直りを期待したい。■機械製造販売事業と化学工業製品販売事業を展開 遠心分離機械を中心とする機械製造販売事業、合成樹脂や化学工業薬品などを中心とする化学工業製品販売事業を展開している。 17年10月期のセグメント別売上構成比は機械製造販売事業25%..

松田産業は売り一巡感、19年3月期横ばい予想だが保守的
 松田産業<7456>(東1)は、貴金属関連事業および農林水産品販売事業を展開している。19年3月期横ばい予想だが保守的だろう。配当は増配予想である。株価は年初来安値圏だが売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。■貴金属リサイクルや農林水産品販売を展開 貴金属リサイクル(貴金属事業)や産業廃棄物処理(環境事業)などの貴金属関連事業、および農林水産品を扱う食品関連事業を展開している。18年3月期の売上高構成比は貴金属関連事業63%、食品関連事業37%、営業利益構成比は貴金属..

ティムコは戻り歩調、18年11月期黒字化予想で収益改善期待
 ティムコ<7501>(JQ)はフィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。18年11月期黒字化予想である。収益改善を期待したい。株価は乱高下した7月安値から切り返して戻り歩調だ。低PBRも見直して上値を試す展開を期待したい。■フィッシング用品およびアウトドア用品の企画・販売 フィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。17年11月期の事業別売上高構成比はフィッシング事業が31%、アウトドア事業が68%、その他(不動..

イワキは年初来高値に接近、18年11月期営業増益・増配予想
 イワキ<8095>(東1)は、医薬品・医薬品原料・表面処理薬品などを主力とする専門商社で、メーカー機能も強化している。18年11月期は薬価改定の影響を吸収して営業増益・増配予想である。株価は1月の年初来高値に接近している。上値を試す展開が期待される。■医薬品・医薬品原料・表面処理薬品などを主力とする専門商社 医薬品・医薬品原料・表面処理薬品などを主力とする専門商社で、子会社の岩城製薬(医薬品)やメルテックス(表面処理薬品)のメーカー機能も強化している。医薬品を中心としたヘル..

カナモトは年初来高値圏、18年10月期増収増益・連続増配予想
 カナモト<9678>(東1)は建設機械レンタルの大手である。北海道を地盤として全国展開と業容拡大を推進し、長期ビジョンで海外展開を成長エンジンと位置付けている。需要が高水準に推移して18年10月期増収増益・連続増配予想である。第3四半期累計は2桁営業増益と順調だった。株価は急伸して年初来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。■建設機械レンタル大手、成長エンジンとして海外展開を強化 建設機械レンタルを主力として、海外向け中古建設機械販売、土木・建築工事用鉄..

イオレは底打ちして戻り歩調、19年3月期減益予想の織り込み完了
 イオレ<2334>(東マ)は団体活動を支援するデータカンパニーで、グループコミュニケーション支援サービス「らくらく連絡網」などを展開している。19年3月期は営業戦略転換で減益予想だが、この織り込みが完了して株価は下値を切り上げている。底打ちして戻り歩調だ。■団体活動を支援するデータカンパニー 団体活動を支援するデータカンパニーである。無料のグループコミュニケーション支援サービス「らくらく連絡網」運用を主力として、アルバイト求人サイト「ガクバアルバイト」「らくらくアルバイト」..

JMCは上場来高値圏、18年12月期大幅増収増益予想
 JMC<5704>(東マ)は、最先端の3Dプリンターを使った造形サービスを展開している。18年12月期は増額修正して大幅増収増益予想である。株価は急伸して上場来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。■3Dプリンターを活用した造形サービスを展開 最先端の3Dプリンターを使った造形サービスを展開し、心臓カテーテルシミュレーター「HEARTROID」も製造販売している。18年8月9日付で医療機器製造業の登録を完了し、続いて8月28日付で第1種医療機器製造販売業..

FCMはモミ合い煮詰まり感、19年3月期減益予想だが1Q高進捗率で上振れ余地
 FCM<5758>(JQ)は電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキを主力としている。19年3月期減益予想だが、第1四半期が高進捗率であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価はモミ合い煮詰まり感を強めている。上放れを期待したい。■電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキが主力 高度な表面処理技術(メッキ加工、回路形成など)をベースに、電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキを主力としている。古河電気工業<5801>の連結子会社である。■19年3月期減益予想だが1Q高進捗率で上..

ログリーは底打ちして戻り歩調、19年3月期大幅増収増益予想
 ログリー<6579>(東マ)はアドテクノロジー事業を展開している。19年3月期大幅増収増益予想である。株価は8月安値から切り返している。18年6月IPO時の高値からほぼ半値水準で底打ちして戻り歩調の形だ。■アドテクノロジー事業を展開 18年6月東証マザーズに新規上場した。アドテクノロジー事業を展開し、ネイティブ広告配信プラットフォーム「LOGLY lift」や、メディアサイトのユーザー定義と増加を支援する分析コンサルティングサービス「Loyalfarm」などを提供している。..

【編集長の視点】トーセは8月期決算発表を先取り業績期待を高めて売られ過ぎ訂正買いが拡大し続伸
 トーセ<4728>(東1)は、前日19日に22円高の1054円と続伸して引け、前期の配当権利を落とした9月3日安値977円から出直る動きを強めた。同社株は、目下集計中の前2018年8月期業績の発表を今年10月5日に予定しており、前期業績の減益要因の一つとなった開発が遅れていた大型プロジェクト案件が、次期2019年8月期に完了することなどから、業績回復期待を強めて売られ過ぎ訂正買いが増勢となった。テクニカル的にも、5日移動平均線が、下から上に25日移動平均線を抜くゴールデン・..

【新規上場(IPO)銘柄】香陵住販は13日にJASDAQに上場、茨城県南や都内での事業展開に期待感
 香陵住販<3495>(JQS)は、9月13日に東京証券取引所JASDAQに上場した。同社は、賃貸仲介事業、不動産売買事業、賃貸管理事業、収益不動産事業を行っている。茨城県水戸市を中心に16店舗を展開しているが、地域密着型企業でありながら東京に支社を置き、不動産会社としてより広いネットワークを築いている。 賃貸仲介事業では、賃貸仲介、マンスリーマンション、不動産売上高、仲介事業収益トランクルーム、高齢者住宅を取り扱っている。不動産売買事業では、売買仲介、不動産買取・販売、宅地..

スターティアは新サービス「Startia Cloud Voice」を10月1日(月)から提供を開始
■対象エリアを限定せず、全国で利用可能 スターティアHD<3393>(東1)の子会社スターティアは新サービス「Startia Cloud Voice」を10月1日(月)から提供を開始する。 同サービスは従来同社で提供してきた「スターコネクト」の後継サービスと位置づけており、対象エリアを限定せず、全国で利用可能である。また、同社の請求書一括請求サービスの「スリムビリング」にも適用しており、よりワンストップでのサービス提供が可能となっている。 「Startia Cloud Voi..

【株式市場】円安など支えに日経平均は2日続けて大幅高となり今年1月以来の水準を回復
◆日経平均の終値は2万3672円52銭(251円98銭高)、TOPIXは1785.66ポイント(25.78ポイント高)、出来高概算(東証1部)は16億235万株 9月19日後場の東京株式市場は、アステラス製薬<4503>(東1)や三菱商事<8058>(東1)などが前場に続いてジリ高傾向を続け、出遅れ買いが次々と波及する様子があり、日経平均は13時にかけて421円51銭高(2万3842円05銭)まで上げた。一方、トヨタ自動車<7203>(東1)などは上げ一服模様に転換。このため..

ラクーンの連結子会社トラスト&グロースは売掛保証サービス「URIHO」の料金プランを全面リニューアル
■新料金プランは、月額9,800円、19,800円、29,800円の3種類 ラクーン<3031>(東1)の連結子会社であるトラスト&グロースは、提供する売掛保証サービス「URIHO(ウリホ)」の料金プランを全面リニューアルし、本日(9月19日)より提供開始した。 新料金プランは、月額9,800円、19,800円、29,800円の3種類となる。 URIHOは、年商5億円以下の中小企業に向けた売掛保証である。経営状況の悪化や倒産などを理由に取引先から支払いがない場合に、代わりに取..

加賀電子:スマートフォンで園児の午睡チェックなどができるマット型IoTセンサーを発売
■園児の午睡の安全強化と保育士の負担軽減など実現し医療機器クラス1として届出る予定 加賀電子<8154>(東1)は9月19日、ソフトバンクグループで保育クラウドサービス「hugmo(ハグモー)」を提供する株式会社hugmo(東京都港区)と株式会社バイオシルバー(神奈川県横浜市)が開発したマット型IoTセンサーを、総販売店として2018年10月1日から販売開始すると発表した。 保育園では、午睡(お昼寝)中の安全対策のため、保育士が数分ごとに園児の状態を確認してチェックシートに記..

DNAチップ研究所は「うつ病」の早期発見などに役立つマーカーが注目されストップ高
■国立研究開発法人との共同研究成果を発表 DNAチップ研究所<2397>(東2)は19日の後場、ストップ高の1003円(150円高)で始まり、10時40分頃からストップ高に張り付いている。取引時間中としては7月20日以来、ほぼ2ヵ月ぶりに1000円台を回復。出来高も急増している。 18日付で、「リボソーム遺伝子がうつ病に関わることを発見」(〜うつ病の早期発見や診断に役立つマーカーである可能性〜)と発表し、注目を集めている。発表によると、国立研究開発法人の国立精神・神経医療研究..


最新情報   トップページ