FX/外国為替情報 5月22日

5月22日(火曜日)のFX/外国為替情報です。(15時58分更新)

最新情報   トップページ

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > 米債券利回りの上昇余地あり、ドル買い戻し健在?
予想レンジドル円     110.30〜111.50ユーロ円    129.50〜131.00ユーロドル   1.1730〜1.1850豪ドル円    82.50〜83.80*********************市場が米朝首脳会談を前にして、米朝の駆け引きが深刻化し、様々な憶測が飛び交っているが、双方にとって決裂は最悪シナリオであろうが、北朝鮮が態度を硬化したのは一因としては、中国側が米中通商協議を優位に進めたい意向から北朝鮮に対して、経済問題を含めて、何らかの担保を保証しているとの見解も少なくなく、...

マーフィーの“日々是好日” > 先入観を持つことの怖さ
相場に入る時に危険なことは、事前に、先入観、つまりは、凝り固まった相場観を持ってしまうことだと思います。凝り固まった相場観を持つと、どんな相場の動きを見ても、その相場観を前提に判断してしまうことになります。一例として、もし、凝り固まった「ベア」な相場観を持っていると、実際の相場が上昇トレンドにあるにもかかわらず、常に売りのチャンスに見えてしまいます。そして、少し下げ始めると、自分の「ベア」な相場観にさらに自信を深めてしまいます。一方、仮に、自分が売ったレベルからさらに相場が上昇したとしても、ナンピンのチャ...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > 米金利の優位性建材材
予想レンジドル円     108.80〜110.00ユーロ円    129.80〜131.00ユーロドル   1.1880〜1.1980豪ドル円    81.80〜83.00*********************市場はトランプ大統領の北朝鮮との首脳会談が現実味を帯びる中、イラン核合意の離脱懸念が重なり、相場自体は混迷度を強めている。その中、日銀、そして、ECB、BOEなどの欧州勢は政策金利の現状維持を示唆しているが、反面、FOMCは金利正常化には意欲的であり、双方の政策金利の温度差の側面では米金利の優...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > 米金利の優位性健在!ドル買い戻し重視?
予想レンジドル円     108.80〜110.00ユーロ円    129.80〜131.00ユーロドル   1.1880〜1.1980豪ドル円    81.80〜83.00*********************市場はトランプ大統領の北朝鮮との首脳会談が現実味を帯びる中、イラン核合意の離脱懸念が重なり、相場自体は混迷度を強めている。その中、日銀、そして、ECB、BOEなどの欧州勢は政策金利の現状維持を示唆しているが、反面、FOMCは金利正常化には意欲的であり、双方の政策金利の温度差の側面では米金利の優...


最新情報   トップページ