株式投資ニュース 2月7日

2月7日(水曜日)の株式投資ニュースです。(17時41分更新)

最新情報   トップページ

ウィルグループの今3月期第3四半期は主力のセールスアウトソーシング事業など順調で大幅増収増益で着地
■18年3月増収増益予想 ウィルグループ<6089>(東1)は7日、18年3月期第3四半期連結業績を発表した。 セールスアウトソーシング事業、コールセンターアウトソーシング事業、ファクトリーアウトソーシング事業、介護ビジネス支援事業などの人材サービスを展開しており、第3四半期累計は、売上高が前年同期比31.7%増の570億09百万円、営業利益が83.5%増の20億79百万円、経常利益が82.9%増の20億75百万円、四半期純利益が2.4倍の10億45百万円だった。 主力のセー..

【銘柄フラッシュ】クリエイトなどストップ高となりゴールドウインは好業績に株式分割が加わり急伸
 7日は、ゴールドウイン<8111>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、6日に第3四半期決算と通期業績見通しの増額、株式2分割を発表し、20.4%高となって約1週間ぶりに上場来の高値を更新。 2位は西尾レントオール<9699>(東1)の18.3%高となり、6日発表の第1四半期決算が好感され急反発。 3位は能美防災<6744>(東1)の15.4%高となり、14時に第3四半期決算を発表した後に一段高。 スガイ化学工業<4120>(東2)は6日発表の第3四半期決算が前年同期比..

【注目銘柄】かどや製油は上場来高値圏、18年3月期業績・配当予想の上方修正も好感
 かどや製油<2612>(東1)に注目したい。加工ごま製品の大手で、ごま油の市場シェアは約5割である。1月30日に18年3月期業績・配当予想を上方修正した。株価は増額修正も好感して上場来高値圏だ。上値を試す展開が期待される。■18年3月期業績・配当予想を上方修正 18年3月期業績予想は連結決算への移行(カタギ食品を第4四半期から連結)に伴って1月30日に公表し、売上高が306億円、営業利益が50億円、経常利益が51億円、純利益が34億円とした。 個別業績予想も上方修正した。売..

【ホットな話題】クリナップ:高級価格帯商品を刷新「CENTRO」2月1日受注開始
■洗面化粧台「TIARIS」美しさ・機能性UPしを同日リニューアル システムキッチンの専業メーカー、クリナップ<7955>(東1)は、高級価格帯フラッグシップ商品を刷新し、ステンレスシステムキッチン「CENTRO(セントロ)」を2月1日より受注開始する。 また、洗面化粧台「TIARIS(ティアリス)」も、同日リニューアルする。 同社では、新登場の「CENTRO」並びに洗面化粧台「TIARIS」の両商品に共通する魅力はデザイン性にあるという。 “箱(キューブ)”をモチーフとした..

【株式市場】京セラなど値を保てず日経平均は次第に上げ幅を縮めて結局小反発程度
◆日経平均の終値は2万1645円37銭(35円13銭高)、TOPIXは1749.91ポイント(6.50ポイント高)、出来高概算(東証1部)は高水準で23億3629万株 7日後場の東京株式市場は、米国の夜間取引でS&P500先物などの株価指数先物が下げているとされ、日経平均は前引けの2万2270円56銭(660円32銭高)を下回って始まり、ファナック<6954>(東1)が程なく前日比で下げ相場に転換。京セラ<6971>(東1)も13時30分頃から軟調に転換。日経平均は次第に上げ..

トーソーは「第46回国際ホテル・レストラン・ショー」に出展
■デザイン性、機能性に優れたコントラクト(ホテル・レストラン等の施設)向けの窓周り製品を提案 トーソーは<5956>(東2)は、2月20日から23日に東京ビッグサイトで開催される「第46回国際ホテル・レストラン・ショー」に出展する。 同社は、デザイン性、機能性に優れたコントラクト(ホテル・レストラン等の施設)向けの窓周り製品を提案する。 同社の展示内容の見どころは、機能性に優れた電動製品である、電動ロールスクリーン、電動ローマンシェード、電動カーテンレール。また、ホテル客室等..

パイプドHDのグループ企業、VOTE FORは日本情報経済社会推進協会より、プライバシーマーク付与を認定される
■VOTE FORの個人情報保護体制の適正が認められる パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、VOTE FOR(ボートフォー)は、1月10日付で、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、プライバシーマーク付与を認定された。 VOTE FORは政治・選挙プラットフォーム「政治山(R)」を運営しており、選挙、議会、政治家に関する政治情報を一元管理し、多くの個人情報を取り扱っている。今回の認定取得により、VOTE FORの個人情報保護体制が適正であることが認められた..

CRI・ミドルウェア:ゲーム向けサウンドミドルウェア「CRI ADX2」に音楽・音響制作プラグイン「McDSP」が対応
■音楽制作の定番エフェクトプラグインをゲームのインタラクティブ演出で活用可能に CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は7日、プロのレコーディングエンジニアを中心に映画やテレビ番組、音楽CDなど幅広い制作現場で使用される音響効果作成ツール「McDSP」が、同社のゲーム向けサウンドミドルウェア「CRI ADX2」に対応し、ADX2のオプション機能として販売開始すると発表した。 これにより、「McDSP」をゲームに組み込み、インタラクティブなサウンド演出に活用できるようになり、..

【業績でみる株価】グローバルグループはほぼ底値圏、子育て支援事業で中期的に業容拡大期待
 グローバルグループ<6189>(東1)は保育施設運営を主力に子育て支援事業を展開している。18年9月期は職員給与改善などで営業・経常減益だが、減損損失が一巡し最終増益予想である。また国策関連で中期的に業容拡大が期待される。株価は地合い悪化も影響して上場来安値を更新したが、ほぼ底値圏だろう。■保育施設運営など子育て支援事業を展開 保育施設運営を主力に子育て支援事業を展開する持株会社である。連結子会社のグローバルキッズ、ろくが、東京や横浜を中心に認可・認証保育園、学童クラブ、児..

【話題】パナソニックが一部操業停止など記録的な豪雪の影響が伝えられる
■ジャパンディスプレイ、京写にも影響が パナソニック<6752>(東1)は7日の前場、6%高の1660.5円(94.0円高)まで上げたが、前引けは5%高の1643.5円(77.0円高)と伸び悩んだ。北陸から山陰を中心とする記録的な豪雪の影響で、「福井県にあり電子部品を生産している、あわら市の「金津工場」と福井市の「森田工場」の操業を6日から停止し、7日も停止することを決めました」(NHKニュースWeb2月7日10時30分配信より)などと伝えられ、様子見につながったのではないか..

【株式市場】NYダウ急反発など受け日経平均は743円高まで上げ東証1部銘柄の96%が上げる
◆日経平均の前引けは2万2270円56銭(660円32銭高)、TOPIXは1797.15ポイント(53.74ポイント高)、出来高概算(東証1部)は10億3573万株 7日(水)前場の東京株式市場は、前夜のNYダウが取引時間中に600ドル近く下げながら終値は567ドル高と急反発し、NY上場の日本株もソニー<6758>(東1)などが大幅高と伝えられたため、株価指数の先物が急伸。日経平均は391円高で始まった後一段高となり、9時50分にかけて743円63銭高(2万2353円87銭)..

京写は6%高と大きく反発、世界的な株安に押されPERの割安感が強まる
■JASDAQ全銘柄の平均PERと比べて割安水準に プリント基板の専業大手・京写<6837>(JQS)は7日、反発に転じ、取引開始後に6%高の500円(28円高)まで上げている。1月31日に銅箔価格の国際的な高騰を受けて業績見通しを下方修正し、その後の数日は米国発の世界的な株安を受けて一時442円まで下押した(2月6日)が、PER17倍台の割安感が言われている。 業績予想を修正後の今期予想1株利益は27円91銭。株価はPER17倍台になり、JASDAQ全銘柄の平均PER20...

パシフィックネットがストップ高、卓越した実績のサイバーセキュリティ製品など材料視
■PCIホールディングスと提携し米政府機関でも使用される「アップガード」の取り扱いを開始と発表 パシフィックネット<3021>(東2)は7日、買い気配のままストップ高の679円(100円高)に達し、2月につけた高値698円に迫っている。6日付で、ITシステム開発などのPCIホールディングス<3918>(東1)との提携により卓越したサイバーセキュリティ製品「AppGuardR(アップガード)」の提供を開始すると発表。注目されている。この数日は全体相場の急落に押される形で下げたが..

【業績でみる株価】富士ソフトサービスビューロは調整一巡、18年3月期予想は再増額の可能性
 富士ソフトサービスビューロ<6188>(JQ)は、コールセンターサービスやBPOサービスなどを展開している。18年3月期2桁増収増益である。そして再増額の可能性がありそうだ。株価は1月の上場来高値から反落したが、調整一巡して上値を試す展開が期待される。なお2月1日付で株式3分割を実施している。■トータル・アウトソーシング企業 富士ソフト<9749>グループのトータル・アウトソーシング企業として、年金相談やITヘルプデスクなどのコールセンターを構築・運営するコールセンターサー..

ソニーはV字型の急反発となり1月下旬につけた08年以来の高値に迫る
■米国市場で大幅高となり好業績への評価が再燃 ソニー<6758>(東1)は7日、V字型の急反発となり、取引開始後に6%高の5617円(281円高)まで上げて2日ぶりに5600円台を回復。1月下旬につけた2008年以来の高値に迫っている。米国株式が急反発し、米国上場の同社株(ADR預託証券)も大幅高。2日発表の四半期決算で3月通期の業績見通しを増額修正しており、好業績への評価が再燃する形になった。 2日発表の四半期決算では、今期・18年3月期の純利益の見通しを従来予想比26%引..

トヨタ自動車が急反発、業績予想の増額が好感され全体相場を牽引する期待
■3月通期の純利益の見通しは従来予想を23%引き上げる トヨタ自動車<7203>(東1)は7日、急反発で始まり、取引開始後に5%高の7619円(333円高)まで上げ、取引日ベースで3日ぶりに7600円台を回復した。6日の取引終了後に第3四半期決算を発表し、3月通期の純利益の見通しを従来予想比23%引き上げて2兆4000億円(前期比では31%の増加)とするなど、全体に増額修正。注目が再燃している。 同社株は日経225平均株価の構成銘柄であるとともに、時価総額の点でTOPIX(東..

日経平均は391円高で始まり600円高、NYダウの「下ヒゲ」急反発など好感
 7日(水)朝の東京株式市場は、NYダウが取引時間中に567.01ドル安の2万3778.74ドルまで急落しながら終値は急反発(567.02ドル高の2万4912.77ドル)となり、いわゆる長い「下ヒゲ」を引いたことなどが好感され、日経平均は急反発し391円05銭高(2万2001円29銭)で始まった。その後600円高と急伸している。(HC)

【注目銘柄】アウトソーシングは17年12月期大幅増収増益予想で18年12月期も収益拡大期待
 アウトソーシング<2427>(東1)に注目したい。製造請負・技術系人材派遣の大手で、海外にも積極展開している。需要が高水準に推移して17年12月大幅増収増益予想である。そして18年12月期も収益拡大が期待される。株価は上場来高値圏から大きく下げたが、上値を試す展開が期待される。なお2月14日に17年12月期決算発表を予定している。■17年12月期大幅増収増益予想、18年12月期も収益拡大期待 17年12月期連結業績(IFRS)予想は売上高が16年12月期比58.6%増の21..

【業績でみる株価】アクモスは18年6月期増収増益・増配予想で2Q累計黒字化と順調
 アクモス<6888>(JQ)は、ITソリューション事業を主力としてITサービス事業も展開している。18年6月期増収増益・増配予想である。そして第2四半期累計は黒字化と順調だった。■ITソリューションが主力 製造・公共・医療分野を中心とするSI・システム開発や地図情報提供サービスなどのITソリューション事業を主力として、情報処理サービスなどのITサービス事業も展開している。 収益面では、多くの企業の決算期末にあたる第3四半期(1〜3月)の構成比が高い特性がある。 中期経営計画..

【編集長の視点】ルネサスイーストンは続落も3Q高利益進捗率業績見直しに自動運転関連株人気が加わり突っ込み買い妙味
 ルネサスイーストン<9995>(東1)は、前日6日に56円安の740円と大幅続落して引けた。米国株価の過去最大の下げを発端に、前日の日経平均株価が、大幅に3営業日続落するなど世界同時株安が進行している相場環境下、同社株にも目先の利益を確保する売り物が続いた。ただ取引時間中につけた安値からは、30円幅戻して引け長大下ヒゲを形成しており、下値では突っ込み買いが交錯した。同社が今年1月30日に発表した今2018年第3四半期(2017年4月〜12月期、3Q)業績が、大幅続伸して今3..

パシフィックネットはインテックス大阪で開催される「関西情報セキュリティEXPO」に出展
■LCM(ライフサイクルマネジメント)サービス提供企業としての認知度向上を目指す IT機器のLCMサービスを全国7拠点で展開するパシフィックネット<3021>(東2)は、2月21日〜23日、インテックス大阪で開催される「関西情報セキュリティEXPO」に出展する。  同展は、情報セキュリティ対策のあらゆる製品・サービスを一同に集めた専門展として注目を集めているが、同社はセキュリティサービスおよびIT機器の導入、運用・管理、使用後の機器の排出までを管理する仕組みであるLCM(ライ..

ティムコは戻り歩調、18年11月期黒字化予想で低PBRも見直し
 ティムコ<7501>(JQ)はフィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。17年11月期は赤字だったが、18年11月期は黒字化予想である。収益改善が期待される。株価は戻り歩調だ。低PBRも見直して戻りを試す展開が期待される。■フィッシング用品およびアウトドア用品の企画・販売 フィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。17年11月期の事業別売上高構成比はフィッシング事業が31%、アウトドア事業が68%、その他(不動..

トシン・グループは07年来高値圏、18年5月期予想に上振れ余地
 トシン・グループ<2761>(JQ)は首都圏中心に電設資材などの卸売事業を展開している。18年5月期横ばい予想だが、第2四半期累計が2桁増益であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は07年来高値圏だ。低PBRや継続的な自己株式取得も評価して上値を試す展開が期待される。■首都圏中心に電設資材や住宅設備機器の卸売事業を展開 首都圏中心に電設資材や住宅設備機器などの卸売事業を展開している。小口多数販売、専門部署による得意先営業活動支援サービスなどを特徴とし、事業基盤強化や収..

【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る
 スペースシャワーネットワーク<4838>(JQS)は、スペースシャワーネットワークグループは、1989年(平成元年)に音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV 」をスタートさせて以来、28年間にわたって、音楽と映像を事業の中心に据え、営業領域を拡大している。 同社は、アーティストやクリエイターの才能・魅力を活かして付加価値をあらゆる場・形で最大化することを重点戦略とし、2014年4月に音楽ソフト事業を集約しスタートさせたSPACE SHOWER MUSIC事業に続き、15年..

【株式市場】日経平均は一時18年ぶりに1600円安だが出来高など急増し経験則では下値接近型に
◆日経平均の終値は2万1610円24銭(1071円84銭安)、TOPIXは1743.41ポイント(80.33ポイント安)、出来高概算(東証1部)は急増し31億5571万株 6日後場の東京株式市場は、米国の夜間取引で金利先物が上昇しているとされ、株価指数の先物が一段安で始まり、日経平均は13時40分過ぎに一時1603円37銭安(2万1078円71銭)まで下押す場面があった。その後は、2日に業績見通しを増額したソニー<6758>(東1)などが持ち直し、日経平均も大引けにかけて下げ..


最新情報   トップページ