FX/外国為替情報 1月22日

1月22日(月曜日)のFX/外国為替情報です。(02時39分更新)

最新情報   トップページ

マーフィーの“日々是好日” > 〇(まる)と×(ばつ)
誰しもお金を稼ごうと思って相場の世界に入ってきます。そして、出来るだけ安く買っては高く売る、もしくは、高く売っては安く買おうと日夜悪戦苦闘しています。ここでの問題は、如何に天才的な相場師や上級者であっても全勝はあり得ないということです。勝ったり負けたりを繰り返しながら、生涯収益(キャリアプロフィット)を積み上げていくのが本来あるべきトレードです。ポイントアンドフィギャーというテクニカル分析があります。価格が上昇したら×を付け、価格が下落したら○を付けていくものです。×から○、○から×への転換は、価格が反対...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > 円高進行中!ドル円110円割れ視野も時期尚早?
予想レンジドル円     110.50〜112.00ユーロ円    134.50〜136.00ユーロドル   1.2100〜1.2250豪ドル円    87.00〜88.50**********************米債券利回りが堅調に推移する中、NYダウ平均株価は史上最高値を更新中であり、総じて、ドルを買い戻す動きが強まっても何ら不思議ではないが、その中、カプラン・ダラス連銀総裁は今年の米経済成長率見通しは2.5%〜2.75%であい、難内の利上げ回数は3回との姿勢を崩してはいないが、ハーカー・フィラデ...

マーフィーの“日々是好日” > 「利小損大」になる背景理由とは?
02年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーが提唱した「プロスペクト理論」は、投資を行う私達にとって、非常に興味深いものです。どういう内容かと言うと、私達生身の人間は、普通にトレードしていると、「利小損大」のパターンになってしまいがちだということです。つまりは、利益が小さくて、損失が大きい結果になる傾向が高いということです。ご承知の通り、理想的には、「利小損大」ではなく、「利大損小」(利益が大きく損失が小さい)トレードを行うことだというのは、誰しも頭では分かっていることか...


最新情報   トップページ