FX/外国為替情報 8月10日

8月10日(木曜日)のFX/外国為替情報です。(17時08分更新)

最新情報   トップページ

マーフィーの“日々是好日” > 「直感」も時には大切!?
相場をやっているとよく起こることですが、「直感」が閃くことがあります。「何となく上がりそうだなあ」だとか、「何となく上値重いなあ」といった感覚です。これは、まさに、「嗅覚」と言うか、「相場勘」と言って良いものです。これらを全て「相場観」と分類してしまうには無理がありますので、違いを感じ取って下さい。普通にFXなどをトレードしていると、この「直感」「嗅覚」「相場勘」が沸いてくることが多いもので、中には、これだけでトレードしている人も多いと思われます。そこには、論理的思考がない為、ある意味、楽ちんではあります...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > ドル全面安から全面高へと様変わり!未だにまだら模様?
予想レンジドル円     110.00〜111.50ユーロ円    129.50〜131.00ユーロドル   1.1700〜1.1850豪ドル円    86.80〜88.30***********************先週末発表された米雇用統計が予想を上回る内容だったことから、ドル全面高の展開になっている。元々、ドルが売られすぎであった傾向もあるが、非農業部門雇用者数(NFP)は20万人超、失業率は4.3%に再び低下、そして、懸念されていた平均時給は前月比ではプラス0.3%と改めて完全雇用が意識されてい...

マーフィーの“日々是好日” > 「焦りは禁物」と「自分のものさし」
相場をやっていて、焦って売買しようとするとろくなことはありません。まず、焦っている時は、目先の価格(プライスボード)の動きにばかり目が向かい、全体観を把握出来ていないことが多いものです。その為、ちょっとした動きに一喜一憂し、とんでもないところで買ったり売ったりしてしまうものです。自分に「ものさし」がないものだから、周りに「ものさし」を求めていき、何かそれらしい指針が見つかればすぐに乗ってしまうというリスクを冒してしまいがちです。その途中には、往々にして思考なるものが欠けている為、結果についても、反省のしよ...


最新情報   トップページ