株式投資ニュース 4月4日

4月4日(火曜日)の株式投資ニュースです。(10時58分更新)

最新情報   トップページ

【業績でみる株価】イー・ガーディアンは17年9月期第2四半期累計業績予想を増額修正、通期も増額の可能性
 SNS投稿監視サービスやゲームユーザーサポートサービスなどを展開する総合ネットセキュリティ企業であるイー・ガーディアン<6050>(東1)は、4月3日に17年9月期第2四半期累計連結業績予想の増額修正を発表した。通期予想にも増額の可能性がありそうだ。株価は1月の上場来高値から一旦反落したが、自律調整が一巡し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。 17年9月期第2四半期累計(10月〜3月)の連結業績予想について、売上高を2億52百万円増額して前年同期比32.0%増の2..

【業績でみる株価】日本フィルコンは17年11月期第1四半期大幅増益で通期予想を増額修正
 抄紙網などの産業用機能フィルター・コンベアを主力として、電子部材・フォトマスクも展開している日本フィルコン<5942>(東1)が4月3日発表した17年11月期第1四半期の連結業績は大幅増益だった。そして通期の業績予想を増額修正した。株価は16年12月高値から一旦反落したが、自律調整が一巡し、年初来高値を更新。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。 17年11月期第1四半期(12月〜2月)の連結業績は、売上高が前年同期比4.2%増の67億85百万円、営業利益が同41.1..

ロングライフHDは3日連続ストップ高、中国・青島市政府からの受託など好感
■今10月期の業績はV字回復の見込みとし純利益50%の増加を予想 介護付きホーム運営などのロングライフホールディング<4355>(JQS)は4日、10時にかけてストップ高の602円(100円高)まで上げ、10時を過ぎてはそのまま買い気配。3日連続ストップ高となった。引き続き、3月30日付で中国の合弁会社・山東新華錦長生養老運営有限公司が青島市政府による訪問介護事業を受託したと発表したことが材料視されているようだ。 今期・2017年10月期の業績はV字回復の見込みとしており、連..

【投資に役立つ説明会資料】パイプドHDの2017年2月期決算補足資料
パイプドHD<3919>(東1) パイプドHD<3919>(東1)の17年2月期業績は、2ケタ増収大幅増益と最高益更新を達成した。好業績であったことから、年間配当は21円と11円の大幅な増配となった。

フルヤ金属がストップ高、使用済みIT機器で五輪メダルを作る運動が材料の見方
■「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」で連想買い フルヤ金属<7826>(JQS)は4日、急伸の始まりとなり、取引開始後にストップ高の2390円(400円高)に達し、9時30分を過ぎてはそのまま買い気配となっている。「金」販売の大手・田中貴金属工業が大株主で、使用済みのIT機器などに含まれる貴金属を回収して東京オリンピック・パラリンピックの金・銀・銅メダルの材料に補充する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」が4月1日始動したと伝えられ、思惑買いや連..

アイロムグループが急伸、米大手総合病院へのiPS細胞に関するライセンスを好感
■最近は16年11月に急伸した際の過熱感がおさまり再び上値を追いやすいとの見方 医療治験支援などのアイロムグループ<2372>(東1)は4日、続伸の始まりとなり、取引開始後に8%高の1549円(122円高)をつけて年初来の高値を更新した。3日付で、米国の大手総合病院にiPS細胞由来の分化細胞等を研究用製品として供給・販売することになったと発表し、期待が広がった。 発表によると、100%子会社IDファーマが米国ミネソタ州に本部を置く総合病院Mayo Clinic(メイヨー・クリ..

日経平均は49円安で始まり米国金利の低下による円高など影響
 4日(火)朝の東京株式市場は、NYダウの2日続落(13.01ドル安の2万650.21ドル)や米国金利の低下による円高基調などが影響し、日経平均は反落し49円41銭安(1万8933円82銭)で始まった。

カナモトは下値切り上げて戻り歩調、17年10月期増益・連続増配予想
 カナモト<9678>(東1)は北海道を地盤とする建設機械レンタル大手で、17年10月期増収増益・連続増配予想である。中期的にも災害復旧・復興、国土強靭化、20年東京五輪関連など事業環境は良好で在り、さらに長期ビジョンでは海外展開を成長エンジンと位置付けている。株価は下値を切り上げて戻り歩調だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。■建設機械レンタルの大手 建設機械レンタルを主力として、海外向け中古建設機械販売、土木・建築工事用鉄鋼製品販売、IT機器・イベント関連レンタ..

建設技術研究所は17年12月期増収増益予想、好業績評価して戻り歩調
 建設技術研究所<9621>(東1)は総合建設コンサルタントの大手である。17年12月期増収増益予想であり、中長期ビジョンではマルチインフラ&グローバル企業を目指している。株価は好業績を評価して戻り歩調だ。国土強靭化関連のテーマ性があり、指標面の割安感も見直して上値を試す展開が期待される。■総合建設コンサルタントの大手 総合建設コンサルタントの大手で、河川・ダム・海岸・海洋、道路、橋梁、トンネル、都市・地方計画などの分野に強みを持っている。 13年9月農業・農村関連ビジネスへ..

川崎近海汽船は低PBRも見直して上値試す、市況上昇して18年3月期収益改善期待
 川崎近海汽船<9179>(東2)は近海輸送と内航輸送が主力である。17年3月期減収減益予想だが、海運市況が上昇傾向であり18年3月期は収益改善が期待される。中期的にも近海部門の船隊規模適正化、内航部門の新規航路開設、オフショア支援事業の本格化、コスト削減効果などで収益改善基調が期待される。株価は低PBRも見直して上値を試す展開が期待される。なお4月28日に17年3月期決算発表を予定している。■近海輸送と内航輸送を展開 石炭・木材・鋼材輸送などの近海部門、石炭・石灰石・紙製品..

生化学工業はフシ突破してボックスレンジ上放れ、18年3月期収益改善期待
 生化学工業<4548>(東1)は関節機能改善剤アルツが主力の医薬品メーカーである。17年3月期は円高や国内薬価改定で減益予想だが、18年3月期はマイナス要因が一巡して収益改善が期待される。また中期的には高齢者人口増加を背景として、国内外で関節機能改善剤の需要拡大が期待される。株価はボックスレンジから上放れて年初来高値圏である。フシ突破して上げ足を速める可能性がありそうだ。■関節機能改善剤アルツなど糖質科学分野が主力の医薬品メーカー 糖質科学分野が主力の医薬品メーカーである。..

キーコーヒーは期末配当・株主優待権利落ち一巡して上値試す、18年3月期も収益拡大基調
 キーコーヒー<2594>(東1)はレギュラーコーヒー大手である。パッケージカフェ「KEYS CAFE」など事業領域拡大戦略を積極推進し、4月7日には名古屋駅直結のJRゲートタワーに「KEYS CAFE」をオープンする。17年3月期はコーヒー関連事業が牽引して大幅増益予想である。そして18年3月期も収益拡大基調が期待される。株価は期末配当・株主優待権利落ちの売りが一巡し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。■コーヒー関連事業を主力として飲食関連事業も展開 コーヒー関連..

【6月期決算有配企業一覧 その2】配当利回り(4月3日現在)
カワニシホールディングス<2689>(東2) 配当30円 配当利回り1.94%三光マーケティングフーズ<2762>(東2) 配当16円 配当利回り1.66%ゲンキー<2772>(東1) 配当40円 配当利回り0.58%一正蒲鉾<2904>(J) 配当6円 配当利回り0.49%アルペン<3028>(東1) 配当40円 配当利回り2.05%ビューティ花壇<3041>(東マ) 配当5.55円 配当利回り1.91%あいホールディングス<3076>(東1) 配当36円 配当利回り1.3..

【新規上場(IPO)銘柄】ズームはニッチ分野で革新的な音響機器をリーズナブルなプライスで提供
 ズーム<6694>(JQS)は、3月28日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場した。同社は、ポータブルなハンディレコーダーをはじめ、エフェクトプロセッサー、マルチトラックレコーダー、オーディオ・インターフェース、リズムマシン、サンプラーなど、レコーディング機器から電子楽器まで幅広い製品を開発している。30年以上に渡り、最新のDSPテクノロジーをベースにした革新的な製品をリーズナブルなプライスで提供している。 同社は、中長期的な経営目標として、同社製品のターゲッ..

イー・ガーディアンは今17年9月期第2四半期業績予想の上方修正を発表
■対前年同期比では、売上高32.0%増、営業利益47.1%増、経常利益59.3%増、純利益80.3%増と大幅増収増益を見込む イー・ガーディアン<6050>(東1)は3日、今17年9月期第2四半期業績予想の上方修正を発表した。 第2四半期連結売上高は、前回予想を2億52百万円上回る24億円(前回予想比11.7%増)、営業利益は86百万円上回る3億50百万円(同32.6%増)、経常利益は1億04百万円上回る3億95百万円(同35.7%増)、純利益は64百万円上回る2億56百万円..

インフォコムは経費精算クラウドサービス「G−tan経費精算」を4月より提供開始
■訪問や外出の多い営業部門が利用する場合、経費精算業務に費やす時間を80%以上短縮 インフォコム<4348>(JQS)は3日、「GRANDIT」ユーザー向けにスマートフォンで簡単入力できる経費精算クラウドサービス「G−tan経費精算」を4月より提供開始した。 訪問や外出の多い営業部門が利用する場合等、Suica、PASMO等の交通系ICカードに記録された利用履歴をスマートフォンで読み込み「GRANDIT」に連携することで、経費精算業務に費やす時間を80%以上短縮できる。スマー..

ワークマンの3月期売上高は前年同月比0.6%増
■春夏商品の立ち上がりが大幅に遅れ苦戦した一方、エアライトSTRETCHシリーズのカーゴパンツが好調であった ワークマン<7564>(JQS)の3月期の売上高は、気温の低い日が多かったことで、春夏商品の立ち上がりが大幅に遅れ苦戦した一方、ヤッケや通年のワー キングウエアが堅調であり、エアライトSTRETCHシリーズのカーゴパンツが好調に推移した。その結果、チェーン全店売上高は前年同月比100.6%となった。 出店に関しては、八重瀬店(沖縄県)を開店し、3月末現在の店舗数は79..

【銘柄フラッシュ】ソレイジア・ファーマなど急伸しシャープは一時7%高
 3日は、シャープ<6753>(東2)が一時7.2%高の504円(34円高)まで上げて大引けも5.3%高となり、4日続けて2013年7月以来の高値を更新。31日付で、米国子会社のうち1社が関連していた訴訟が相手方の取り下げにより解決したと発表したと発表。また、2017年中には東証1部に復帰するとの期待があり、当面は東芝<6502>(東1)よりも買い妙味があると期待する動きがあった。 東証1部の値上がり率1位は北の達人コーポレーション<2930>(東1)となり、本日は10.0%..

【業績でみる株価】クラウディアは17年8月期第2四半期累計が計画超の大幅増益、通期利益は増額の可能性
 クラウディア<3607>(東1)は、ウエディングドレスメーカーで結婚式場運営も展開している。3月31日発表した17年8月期第2四半期累計の連結業績は計画超の大幅増益だった。通期も好業績が期待され、増額の可能性がありそうだ。株価は戻り一服の形だが、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。 17年8月期第2四半期累計(9月〜2月)の連結業績は、売上高が前年同期比4.1%減の64億15百万円だが、営業利益が同91.4%増の3億34百万円、経常利益が同89.0%増の3億73百万..

【株式市場】機関投資家の新年度運用買いなどに強く日経平均は反発
◆日経平均の終値は1万8983円23銭(73円97銭高)、TOPIXは1517.03ポイント(4.43ポイント高)、出来高概算(東証1部)は20億1502万株 4月3日後場の東京株式市場は、午前中の円高基調が後退し、東京エレクトロン<8035>(東1)などが一段と強含み、日経平均は上値を追って14時過ぎに159円36銭高(1万9068円62銭)まで上げた。新年度に入り、年金資金などの機関投資家が運用姿勢を強める期待があった。東証マザーズ指数と日経JASDAQ平均は前引けと同様..

マイネットは出直り継続、セガゲームスのスマホゲーム配信権取得など好感
■事業モデルに独自性あり業績は純利益など最高益を連続更新する見込み オンラインゲーム高付加価値化などのマイネット<3928>(東マ)は4月3日、14時30分を過ぎて6%高の3115円(170円高)前後となり、2日続伸基調の出直り継続となっている。3月31日付で、セガサミーホールディングス<6460>(東1)のセガゲームス(東京都品川区)が提供するスマートフォンゲーム「モンスターギア バーサス」に関する配信権の取得を発表し、期待が広がった。 業績は純利益などが最高益を連続更新す..

JPホールディングスが2日続伸、保育士の負担軽減や保護者との連携を深める保育クラウドサービス開始
■スマートフォンやタブレットなどでIT化する「hugmo」(ハグモ)を順次導入 保育園運営の最大手・JPホールディングス<2749>(東1)は3日、287円(7円高)まで上げた後も堅調に推移し、13時を過ぎては4円高前後で2日続伸基調となっている。3月30日付で、保育士の負担軽減、保護者とのコミュニケーション強化などを進める一環として株式会社hugmo(ハグモー、代表取締役湯浅重数社長)の保育クラウドサービス「hugmo」を同日から順次導入すると発表。週明けになっても好感買い..

【業績でみる株価】薬王堂は17年2月期業績予想を増額修正、既存店好調で18年2月期も好業績期待
 薬王堂<3385>(東1)に注目したい。岩手・宮城など東北地盤に展開する独立系のドラッグストアチェーンである。3月31日、17年2月期業績予想の増額修正を発表した。既存店の好調で18年2月期も好業績が期待されそうだ。株価は上場来高値更新の展開だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。 17年2月期業績(非連結)予想は、売上高を11億10百万円増額して16年2月期比11.9%増の749億10百万円、営業利益を2億10百万円増額して同19.9%増の31億80百万円、経常利..

シャープが3年10ヵ月ぶり高値、東証1部への復帰期待や米子会社の訴訟解決など好感
■当面は東芝との比較で好投資対象との見方も シャープ<6753>(東2)は3日の後場4.5%高の491円(21円高)で始まり、前場の504円高(34円高)に続いて2013年7月以来3年10ヵ月ぶりの高値に進んでいる。直近の手掛かり材料としては、31日付で、米国子会社のうち1社が関連していた訴訟が相手方の取り下げにより解決したと発表したことがあるが、東芝<6502>(東1)との比較で「当面は買い妙味がある」(市場関係者)と注目する動きがある。 底流には、2017年中には東証1部..

【注目銘柄】メディカルネットは17年5月期第3四半期累計2桁増益で通期利益予想を超過達成
 メディカルネット(日本メディカルネットコミュニケーションズが16年12月社名変更)<3645>(東マ)に注目したい。自由診療歯科向けポータルサイト運営などを展開している。3月31日発表した17年5月期第3四半期累計の連結業績は2桁増益となり、通期利益予想を超過達成した。通期利益予想は増額の可能性がありそうだ。株価は水準を切り上げて16年6月の戻り高値に接近してきた。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。 17年5月期第3四半期累計(6月〜2月)の連結業績は、売上高が前..


最新情報   トップページ