株式投資ニュース 4月1日

4月1日(土曜日)の株式投資ニュースです。(07時19分更新)

最新情報   トップページ

短期でも中長期でも馴染み銘柄を持てば強い=犬丸正寛の相場格言
■短期でも中長期でも馴染み銘柄を持てば強い 動く銘柄は理屈抜きで買ってみるというモグラ叩きゲーム式の超短期売買においても、まったく知らない銘柄より馴染みのある銘柄のほうが手がけやすいものです。ましてや、付き合いが長くなる中長期投資ではなおさらです。 馴染みのある強さは、事業内容に対する社会でのニーズマッチの有無、業績の推移、そして、株価のクセなどが肌感覚で分かっていることです。しかし、人との付き合いでも同じですが、馴染みになれる間柄というのは、そう多くはありません。 日々の株..

協立情報通信は17年2月期の連結業績予想を上方修正
■ソリューション事業の大型案件が前倒しに 協立情報通信<3670>(JQS)は31日、17年2月期連結業績予想の上方修正を発表した。 前回予想に対して売上高は1億63百万円上回る58億01百万円(前回予想比2.9%増)、営業利益は69百万円上回る2億32百万円(同42.3%増)、経常利益は74百万円上回る2億37百万円(同45.4%増)、純利益は48百万円上回る1億45百万円(同49.5%増)になる見通しとなった。 予想の修正については、ソリューション事業では、18年2月期で..

【銘柄フラッシュ】ロングライフHDなど急伸し新規上場のネットマーケティングは黄海価格の36%高でスタート
 31日は、東芝<6502>(東1)が一時9.6%高の250.0円まで上げ、フラッシュメモリー事業の売却に向けた第1次応札に米国系企業から2兆円規模の応募があったと伝えられ、ひとまず安堵感。テクニカル的な「ダブルボトム」(2点底)完成のフシ目になる240.9円を終値でも上回り、投資スタンスが「戻り売り」から「押し目買い」に転換したとされた。ただ、いま何かに投資するなら東芝よりシャープ<6753>(東2)の声が。 東証1部の値上がり率1位は2日続けて北の達人コーポレーション<2..

【株式市場】北朝鮮の核実験観測などが不安視され日経平均は14時頃から軟化し続落
◆日経平均の終値は1万8909円26銭(153円96銭安)、TOPIXは1512.60ポイント(14.99ポイント安)、出来高概算(東証1部)は22億2223万株 31日後場の東京株式市場は、北朝鮮の核実験の準備に関する報道などを受けて漠然と不安感があるようで、株価指数の先物には土・日の突発事に備える目的のヘッジ売りがあるとされた。日経平均は13時頃から次第に値を消して14時頃からは軟調に転換。大引けにかけて153円96銭安まで下押して安値引けとなり2日続落。ただ、東証2部指..

ロングライフHDがストップ高、中国・青島市政府からの受託など好感
■訪問介護サービスなどのスタッフの業務管理や技術研修などを受託 介護付きホーム運営などのロングライフホールディング<4355>(JQS)は31日の後場一段高となり、14時前からが断続的にストップ高の422円(80円高)で売買されている。30日付で、中国の合弁会社・山東新華錦長生養老運営有限公司が青島市政府による訪問介護事業を受託したと発表しており、好感会が強まったとの見方だ。 今期・2017年10月期の業績はV字回復の見込み。400円台は2015年8月以来になり、PERは14..

タクマは約1年ぶりに1100円台を回復、目標株価やバイオマス設備受注など好感
■数年来の上値抵抗ゾーンを抜いてくるようなら妙味強まるとの見方 タクマ<6013>(東1)は31日、大幅反発となって13時過ぎには8%高の1100円(77円高)前後で推移し、2016年3月以来、約1年ぶりの1100円台回復となった。直接的な買い材料としては、東海東京調査センターが目標株価を引き上げ、1020円から1300円に見直したと伝えられたほか、30日付で、秋田グリーン電力株式会社向けバイオマス発電設備の受注を発表したことなどが期待材料視されている。 また、脱硫プラントの..

アイリッジの「popinfo」がビットキャッシュのゲームニュース配信アプリ「ゲームBANBAN」に導入
■プッシュ通知配信機能を搭載し、新着ニュースをいち早く配信 アイリッジ<3917>(東マ)は、同社が提供する位置情報連動型プッシュ通知「popinfo」が、ビットキャッシュ(東京都渋谷区)の提供するゲーム関連のニュース配信アプリ「ゲームBANBAN」に採用されたと発表した。3月30日(木)にリリースされた。 同アプリは、eスポーツを中心に、最新ゲーム情報や人気タイトルの攻略情報、プロゲームプレイヤーのインタビューや大会レポートなど、プロのプレイヤーからゲーム観戦者まで、ゲーム..

ファイズはストップ高で上場来の高値、ネット通販物流の拡大に期待強い
■3月15日に上場し17年3月期の営業利益は2.6倍の見通し ファイズ<9325>(東マ)は31日も急伸し、前場ストップ高の6100円(1000円)まで上げて後場はそのまま買い気配で始まった。3月15日に上場し、EC(電子商取引)サイト運営企業などの物流拠点や配送会社などの業務一括請負などを展開。ヤマトホールディングス<9064>(東1)の宅急便の「激務」問題を受けて受注拡大の期待などが強いとの見方が出ている。 上場時に発表した2017年3月期の業績見通し(個別)は、売上高が..

個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を4月17日(月)、東洋経済新報社9階ホールで開催!
■株式講演会も同時開催 株式専門情報をネット配信する「日本インタビュ新聞社」は、平成29年4月17日(月)の13時から『企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー』を東洋経済新報社9階ホールにおいて開催する。株式講演会も同時に開催。入場は無料で先着230名となっている。 4月17日(月)は、第1部で東証1部上場・株式会社クリーク・アンド・リバー社(証券コード=4763)の代表取締役社長・井川幸広氏がIR講演会を行う。第2部で東証1部上場・株式会社エスプール(証券コード=24..

【中西文行の相場展望】東芝とシャープが活況!狙える銘柄は?
■ロータス投資研究所代表の中西文行氏に相場展望を聞く【中西文行の相場展望】東芝とシャープが活況!狙える銘柄は?

【株式市場】米NASDAQの最高値など好感し日経平均は147円高となり最近上場銘柄も強い
◆日経平均の前引けは1万9188円83銭(125円61銭高)、TOPIXは1538.27ポイント(10.68ポイント高)、出来高概算(東証1部)は8億4245万株 31日(金)前場の東京株式市場は、月末・週末・年度末が重なりドレッシング買いの期待がある上、米NASDAQ指数が米GDP(実質国内総生産)改定値の上方修正などを好感して3月1日以来の過去最高値更新となり、NYダウも反発したことなどが好感され、北米景気に敏感な任天堂<7974>(東1)などが上げ、日経平均は107円高..

【業績でみる株価】ヘリオステクノホールディングスは17年3月期配当予想を2回目の増額修正、自律調整一巡して上値試す
 フェニックス電機を主体としてプロジェクター用照明、FPD製造装置、技術者派遣などを展開しているヘリオステクノホールディングス<6927>(東1)は、3月30日に17年3月期利益予想と配当予想の増額修正を発表した。 株価は、本日3月31日は61円高(10.09%高)の665円まで上げて急伸している。週足チャートで見るとサポートラインの13週移動平均線が接近している。自律調整が一巡し、増額修正を評価して上値を試す展開が期待される。 17年3月期連結業績予想は、売上高を2億90百..

【話題】夢展望がストップ高、RIZAP(ライザップ)グループの買い増しに思惑や憶測
■ジーンズメイトに出資し、ぱどとは提携、まさにグループを形成する印象との声が 夢展望<3185>(東マ)は31日、いきなり急伸し、買い気配のままストップ高の550円(80円高)。本日は10時40分にかけてまだ売買が成立していない。若い女性向けファッションを中心にネット・モバイル通販を行い、個別指導トレーニングジムのRIZAP(ライザップ)グループ<2928>(札幌A)が30日の夕方、夢展望の普通株式を買い増し、発行済み株式総数の5.0%に当たる26万5200株買い付けると発表..

【業績でみる株価】エムティジェネックスは17年3月期連結業績予想を増額修正、16年9月の昨年来高値試
 森トラストグループで駐車場の受託運営、住宅・オフィスビルのリニューアル・管理などのサービスを展開しているエムティジェネックス<9820>(JQ)は、3月30日に17年3月期連結業績予想の増額修正を発表した。 株価は戻り歩調だ。本日3月31日は197円まで上伸し昨年来高値を更新している。大きく下押す動きは見られず戻り高値圏で堅調に推移している。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。自律調整が一巡し、増額修正を評価して上値を試す展開が期待される。 17年3..

上場2日目のスシローグローバルHDは公開価格の4%安前後で売買交錯
■今9月期の連結業績見通しは売上高8.1%増、純利益は85%増などを見込む 東証1部に30日再上場となった回転寿司のスシローグローバルホールディングス<3563>(東1・売買単位100株)は31日、3480円(70円高)で始まったあと3485円まで上げ、10時にかけては公開価格3600円を3.6%下回る3470円前後で売買交錯となっている。一部には、大株主の投資ファンドによる放出の懸念があるようだが、東証1部に直接上場する銘柄は大型のためアッサリ初値がつくケースが多いとの指摘..

【注目銘柄】アドベンチャーは好業績を評価して上値試す、17年6月期大幅増益予想、さらに増額の可能性
 アドベンチャー<6030>(東マ)に注目したい。格安航空券予約サイト「skyticket」運営を主力としている。17年2月取扱高は上場後最高を更新している。旅行取扱高が伸長して17年6月期大幅増収増益予想である。さらに増額の可能性がありそうだ。株価は2月の上場来高値から一旦反落したが、自律調整が一巡し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。 17年6月期の連結業績予想(2月13日に売上高を5億円増額、利益は据え置き)は、売上高が16年6月期比49.0%増の40億円、営..

ユーザーローカルは上場2日目も買い気配のまま公開価格の2.8倍(9時40分)
■ビッグデータ解析製品や人工知能・機械学習分野に関連する事業を展開 東証マザーズ市場に30日上場したユーザーローカル<3984>(東マ・売買単位100株)は31日も気配値をセリ上げる展開になり、9時40分には公開価格の2.8倍の8130円の買い気配となっている。昨日からまだ初値はついていない。 ビッグデータ解析製品や人工知能・機械学習分野に関連する事業を展開し、ヒートマップ解析ツール「User Insight」はすでに国内700社が採用している。会社発表の2017年6月期の業..

本日上場のネットマーケティングは買い気配のまま公開価格の15%高(9時35分)
■アフィリエイト広告立案やフェイスブックによる恋愛マッチングアプリなど展開 31日、新規上場となったネットマーケティング<6175>(JQS・売買単位100株)は、Facebook(フェイスブック)を活用した日本最大級の恋愛マッチングアプリ「Omiai」の運営やアフィリエイト広告の戦略立案・運用支援などを行い、公開価格は1140円。 買い気配をセリ上げる始まりとなり、9時40分にかけては公開価格を15%上回る1311円の買い気配。まだ初値はついていない。 会社発表の2017年..

東芝は出直るが楽観は多くない様子、メモリー事業への応札好調は好感
■テクニカル的にも「ダブルボトム」は240.9円を超える必要が 東芝<6502>(東1)は31日、小幅だが続伸の始まりとなり、取引開始後に238.0円(9.8円高)をつけた。30日に開いた臨時の株主総会でフラッシュメモリー事業の売却などが可決され、第1次の応札には米国系企業から2兆円規模の応募があったと伝えられ、ひとまず安堵感が広がったようだ。 ただ、同社については「上場維持に全力」(31日付の日本経済新聞朝刊)といった報道もあり、まだ楽観はできないとの受け止め方が多い。株価..

日経平均は米NASDAQの最高値など好感し107円高で始まる
 31日(金)朝の東京株式市場は、米NASDAQ指数が米GDP(実質国内総生産)改定値の上方修正などを好感して3月1日以来の過去最高値更新となり、NYダウも69.17ドル高(2万728.49ドル)となったことなどが好感され、日経平均は107円20銭高(1万9170円42銭)で始まった。

燦キャピタルマネージメントはタイでのバイオマス発電関連事業を行うために設立したSGPE社100%出資子会社によるSPCへの出資を決定
■バイオマス燃料の製造・販売事業を進めるため「SUN−BIOMASS社」を通して投資、出資比率は44% 燦キャピタルマネージメント<2134>(JQS)の100%子会社であるSGPE 社は、30日開催の取締役会において、タイでのバイオマス発電関連事業を行うために設立したSGPE社100%出資子会社(当社孫会社)によるにバイオマス発電関連事業に係るSPC(特別目的会社)への出資を決定した。 バイオマス燃料の製造・販売事業を進めるために、タイのバイオマス燃料製造企業である「LCB..

アイリッジはpopinfo利用ユーザー数増加基調、17年7月期第2四半期累計は計画超の大幅増益
 アイリッジ<3917>(東マ)はスマホ向けO2Oソリューション事業を展開し、FinTechソリューションも推進している。09年サービス開始したpopinfoの利用ユーザー数は17年1月に5500万を突破した。利用ユーザー数増加基調で17年7月期第2四半期累計は計画超の大幅増益だった。通期も先行投資費用を吸収して大幅増益予想である。株価は戻り一服の形だが自律調整が一巡し、中期成長力を評価して上値を試す展開が期待される。■O2Oソリューション事業を展開 自社開発O2Oソリューシ..

ヒーハイスト精工は17年3月期大幅増益予想で増額余地、18年3月期も収益改善基調期待
 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力として、小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。17年3月期大幅増益予想で増額余地がありそうだ。そして18年3月期も収益改善基調が期待される。株価は下値固めが完了して戻り歩調だ。0.5倍近辺の低PBRも見直し材料であり、収益改善基調を評価して戻りを試す展開が期待される。■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精..

アンジェスMGは遺伝子治療薬、核酸医薬、DNAワクチンの開発を推進
 アンジェスMG<4563>(東マ)(17年7月1日付でアンジェスに商号変更予定)は、遺伝子医薬の創薬バイオベンチャーで、遺伝子治療薬、核酸医薬、DNAワクチンに経営資源を集中して開発を推進している。3月24日には、椎間板性腰痛症を対象とするNF−kBデコイオリゴDNAについて、米FDAに新薬臨床試験開始届を申請したと発表している。株価は下値固めが完了し、きっかけ次第で動意づく可能性があるだろう。■遺伝子医薬のグローバルリーダー目指す創薬バイオベンチャー 遺伝子医薬のグローバ..

【4月決算上場有配企業一覧 】ダイサン、マツモトなどの配当利回り(3月30日現在)
東建コーポレーション<1766>(東1) 配当130円 配当利回り1.47%アスカネット<2438>(東マ) 配当10円 配当利回り0.45%伊藤園<2593>(東1) 配当40円 配当利回り0.96%テンポスバスターズ<2751>(J) 配当7円 配当利回り0.34%ロック・フィールド<2910>(東1) 配当25円 配当利回り1.34%佐藤食品工業<2923>(東2) 配当14円 配当利回り0.40%ラクーン<3031>(東1) 配当4.5円 配当利回り0.91%アゼアス..


最新情報   トップページ